【トイアンナ】「高収入な人=優秀」というヒドい勘違い…年収を本当に決めている「要素」とは 男性の場合、幸福度とも関係が…

「悩んだら年収で決めちゃっていいよ」
と、アドバイスすることにしている。
就活生へアドバイスをする仕事を初めて10年。複数内定を手に入れて「どこへ行こうか」と嬉しい悩みを抱える学生を多数見てきた。優秀な学生ほど福利厚生や年収よりやりがいを意識する傾向にある。
だからこそあえて「年収で決めなよ」とアドバイスするのだ。では、その「年収」を決めるものはなにか。
Photo by iStock
年収を決めるのは「優秀さ」ではない「年収を決める要素って、何だと思う?」就活生へこう聞くと、ほぼ必ず「優秀さ」という答えが帰ってくる。確かに、社内でもトップセールスをあげている人ならば、異例の出世を経て年収アップが期待できるだろう。2015年、三井物産では安永竜夫氏が32人をごぼう抜きし、当時54歳の若さながら社長へ就任した。しかし、ここまでの出世は異例中の異例。だれもが管理職になれるわけではない。それどころか、出世レースに参加することすらできない非正規雇用は全体の4割を占める。マイナビの調査によれば、全業種で最も平均給与が高いのが外資系金融の1316万円。最下位は生活協同組合の389万円となっている。実に3.4倍もの給与格差が求人全体で生じているわけだ。生活協同組合にもずば抜けて優秀な人は当然いるであろうし、外資系投資銀行にもリストラ対象となる落ちこぼれがいる。しかし、最下位付近にいる生活協同組合、玩具、農林水産業界に勤めながら、外資系投資銀行の平均給与を得られる可能性は、かなり低いと言わざるをえない。だから内定を複数得た、つまり選べる立場になってから会社を選ぶなら、ひとまず給与で選ぶことを勧めているのである。新卒、つまり社内の経験値から見て”最も使えない立場”で入社したとしても、得られる給与は業界によって天と地ほどの差があるからである。本来関係ないはずだが…世間一般には、有能さと年収を紐付けて考える風潮がある。そして、一度有能だと見られれば、周囲の目も変わる。男性は特に、既婚率と年収が比例する。つまり、他の人から承認してもらえるかどうか、結婚できるかどうかは、業界次第で変わってしまうのだ。Photo by iStock 特に新卒で入る会社の重みは大きい。転職時の年収は、現職の年収の影響を大きく受ける。最初に偶然、年収が低い業界に入ってしまったとしよう。そうすると、たとえ年収が高い業界へ転職しようにも、現職の給与が参考とされてしまう。その結果、その会社内では成果が出ていない社員よりも、自分の給与が低くなる恐れがあるのだ。筆者は逆に、転職で業界を変えて年収を200万円上げた経験がある。それでも社内では低い方だったかもしれないが、私にとってはありがたかった。当時の夫が海外転勤すると決まって同行したときも、ギリギリまで退職を悩んだくらいである。もちろん、仕事の楽しさは給与だけでは決まらない。上司との相性もあれば、ワークライフバランス、そして仕事自体のやりがいもあるだろう。だが、仕事が楽しくない瞬間は、どんな場所でもやってくる。そのとき、自分を離職から留めてくれるのが年収なのである。単に使えるお金が増えるだけではなく、そこに社会的承認も含まれるからこそ……。年収は簡単に切り捨てられないテーマなのだ。「尊敬できる人と結婚したい」のワナ特に男性の場合、未婚と既婚では幸福度が大きく変わる。2016年に行われた博報堂ソロもんラボの調査では、未婚と既婚で40代男性の幸福度に倍近くの差が生じている。これは男性特有の現象で、女性も既婚の方が幸せを感じやすいものの、未婚との差がそこまで大きくはない。Photo by iStock つまり、現代日本では男性は結婚した方が幸せである可能性が高く、結婚するためには年収を上げる必要性がある。そして、年収アップの要になるのが、業界選びなのだ。女性の年収も上がっていくなかで、どうして男性だけ年収と既婚率が強く相関するのか。そこには前提として「高年収=有能である」という誤解がある。また、女性の上昇婚志向も根強い。筆者は婚活相談も仕事柄よく受けるのだが、結婚相手の条件に「尊敬できる人がいい」と述べる女性は多い。男女平等が唱えられる昨今、さすがに「年収○百万円以上の男性がいい」とおおっぴらに言い切れる社会ではなくなってきた。そこで言い換え語として登場したのが「尊敬できる人」という言葉である。しかし話を詳しく聞いてみると、とどのつまり年収の高い業界に勤める男性が望ましいと、教えてくれる女性は少なくない。男性の結婚の話として女性からの評価に言及したが、男性同士でも年収、肩書は当然ながら大きな意味を持つ。2017年の調査では男性同士で気になる話題として「年収」「役職」がツートップになっている。大企業で活躍していそう=年収が高そうな男性は、男友達の間でも高い承認を得るからだろう。 就活、転職における「業界選び」の重要性筆者は、こういった年収が有能さや、社会的承認と紐付けられすぎる社会に否定的だ。だが、そういった風潮が少しずつ変わりつつあるとはいえ、個人単位ではベストを尽くさざるを得ない。だから相談をいただいた新卒者や転職者には、年収が高い業界へ行くことを進める。その方が幸福度アップにつながることを、知ってしまっているからだ。「年収よりも楽しそうに仕事をしていることが、人への評価につながる社会」だったり、「家庭を優先している人が素敵だと言われる社会」を作っていくのが、社会を構成する自分の責務であると感じる。他方、拙著『改訂版 確実内定』でも結局、個人の年収アップにつながる業界選びを案内せざるをえないジレンマを抱えている。
「年収を決める要素って、何だと思う?」
就活生へこう聞くと、ほぼ必ず「優秀さ」という答えが帰ってくる。確かに、社内でもトップセールスをあげている人ならば、異例の出世を経て年収アップが期待できるだろう。2015年、三井物産では安永竜夫氏が32人をごぼう抜きし、当時54歳の若さながら社長へ就任した。
しかし、ここまでの出世は異例中の異例。だれもが管理職になれるわけではない。それどころか、出世レースに参加することすらできない非正規雇用は全体の4割を占める。
マイナビの調査によれば、全業種で最も平均給与が高いのが外資系金融の1316万円。最下位は生活協同組合の389万円となっている。実に3.4倍もの給与格差が求人全体で生じているわけだ。
生活協同組合にもずば抜けて優秀な人は当然いるであろうし、外資系投資銀行にもリストラ対象となる落ちこぼれがいる。しかし、最下位付近にいる生活協同組合、玩具、農林水産業界に勤めながら、外資系投資銀行の平均給与を得られる可能性は、かなり低いと言わざるをえない。
だから内定を複数得た、つまり選べる立場になってから会社を選ぶなら、ひとまず給与で選ぶことを勧めているのである。新卒、つまり社内の経験値から見て”最も使えない立場”で入社したとしても、得られる給与は業界によって天と地ほどの差があるからである。
世間一般には、有能さと年収を紐付けて考える風潮がある。そして、一度有能だと見られれば、周囲の目も変わる。男性は特に、既婚率と年収が比例する。つまり、他の人から承認してもらえるかどうか、結婚できるかどうかは、業界次第で変わってしまうのだ。
Photo by iStock
特に新卒で入る会社の重みは大きい。転職時の年収は、現職の年収の影響を大きく受ける。最初に偶然、年収が低い業界に入ってしまったとしよう。そうすると、たとえ年収が高い業界へ転職しようにも、現職の給与が参考とされてしまう。その結果、その会社内では成果が出ていない社員よりも、自分の給与が低くなる恐れがあるのだ。筆者は逆に、転職で業界を変えて年収を200万円上げた経験がある。それでも社内では低い方だったかもしれないが、私にとってはありがたかった。当時の夫が海外転勤すると決まって同行したときも、ギリギリまで退職を悩んだくらいである。もちろん、仕事の楽しさは給与だけでは決まらない。上司との相性もあれば、ワークライフバランス、そして仕事自体のやりがいもあるだろう。だが、仕事が楽しくない瞬間は、どんな場所でもやってくる。そのとき、自分を離職から留めてくれるのが年収なのである。単に使えるお金が増えるだけではなく、そこに社会的承認も含まれるからこそ……。年収は簡単に切り捨てられないテーマなのだ。「尊敬できる人と結婚したい」のワナ特に男性の場合、未婚と既婚では幸福度が大きく変わる。2016年に行われた博報堂ソロもんラボの調査では、未婚と既婚で40代男性の幸福度に倍近くの差が生じている。これは男性特有の現象で、女性も既婚の方が幸せを感じやすいものの、未婚との差がそこまで大きくはない。Photo by iStock つまり、現代日本では男性は結婚した方が幸せである可能性が高く、結婚するためには年収を上げる必要性がある。そして、年収アップの要になるのが、業界選びなのだ。女性の年収も上がっていくなかで、どうして男性だけ年収と既婚率が強く相関するのか。そこには前提として「高年収=有能である」という誤解がある。また、女性の上昇婚志向も根強い。筆者は婚活相談も仕事柄よく受けるのだが、結婚相手の条件に「尊敬できる人がいい」と述べる女性は多い。男女平等が唱えられる昨今、さすがに「年収○百万円以上の男性がいい」とおおっぴらに言い切れる社会ではなくなってきた。そこで言い換え語として登場したのが「尊敬できる人」という言葉である。しかし話を詳しく聞いてみると、とどのつまり年収の高い業界に勤める男性が望ましいと、教えてくれる女性は少なくない。男性の結婚の話として女性からの評価に言及したが、男性同士でも年収、肩書は当然ながら大きな意味を持つ。2017年の調査では男性同士で気になる話題として「年収」「役職」がツートップになっている。大企業で活躍していそう=年収が高そうな男性は、男友達の間でも高い承認を得るからだろう。 就活、転職における「業界選び」の重要性筆者は、こういった年収が有能さや、社会的承認と紐付けられすぎる社会に否定的だ。だが、そういった風潮が少しずつ変わりつつあるとはいえ、個人単位ではベストを尽くさざるを得ない。だから相談をいただいた新卒者や転職者には、年収が高い業界へ行くことを進める。その方が幸福度アップにつながることを、知ってしまっているからだ。「年収よりも楽しそうに仕事をしていることが、人への評価につながる社会」だったり、「家庭を優先している人が素敵だと言われる社会」を作っていくのが、社会を構成する自分の責務であると感じる。他方、拙著『改訂版 確実内定』でも結局、個人の年収アップにつながる業界選びを案内せざるをえないジレンマを抱えている。
特に新卒で入る会社の重みは大きい。転職時の年収は、現職の年収の影響を大きく受ける。最初に偶然、年収が低い業界に入ってしまったとしよう。
そうすると、たとえ年収が高い業界へ転職しようにも、現職の給与が参考とされてしまう。その結果、その会社内では成果が出ていない社員よりも、自分の給与が低くなる恐れがあるのだ。
筆者は逆に、転職で業界を変えて年収を200万円上げた経験がある。それでも社内では低い方だったかもしれないが、私にとってはありがたかった。当時の夫が海外転勤すると決まって同行したときも、ギリギリまで退職を悩んだくらいである。
もちろん、仕事の楽しさは給与だけでは決まらない。上司との相性もあれば、ワークライフバランス、そして仕事自体のやりがいもあるだろう。だが、仕事が楽しくない瞬間は、どんな場所でもやってくる。そのとき、自分を離職から留めてくれるのが年収なのである。
単に使えるお金が増えるだけではなく、そこに社会的承認も含まれるからこそ……。年収は簡単に切り捨てられないテーマなのだ。
特に男性の場合、未婚と既婚では幸福度が大きく変わる。2016年に行われた博報堂ソロもんラボの調査では、未婚と既婚で40代男性の幸福度に倍近くの差が生じている。これは男性特有の現象で、女性も既婚の方が幸せを感じやすいものの、未婚との差がそこまで大きくはない。
Photo by iStock
つまり、現代日本では男性は結婚した方が幸せである可能性が高く、結婚するためには年収を上げる必要性がある。そして、年収アップの要になるのが、業界選びなのだ。女性の年収も上がっていくなかで、どうして男性だけ年収と既婚率が強く相関するのか。そこには前提として「高年収=有能である」という誤解がある。また、女性の上昇婚志向も根強い。筆者は婚活相談も仕事柄よく受けるのだが、結婚相手の条件に「尊敬できる人がいい」と述べる女性は多い。男女平等が唱えられる昨今、さすがに「年収○百万円以上の男性がいい」とおおっぴらに言い切れる社会ではなくなってきた。そこで言い換え語として登場したのが「尊敬できる人」という言葉である。しかし話を詳しく聞いてみると、とどのつまり年収の高い業界に勤める男性が望ましいと、教えてくれる女性は少なくない。男性の結婚の話として女性からの評価に言及したが、男性同士でも年収、肩書は当然ながら大きな意味を持つ。2017年の調査では男性同士で気になる話題として「年収」「役職」がツートップになっている。大企業で活躍していそう=年収が高そうな男性は、男友達の間でも高い承認を得るからだろう。 就活、転職における「業界選び」の重要性筆者は、こういった年収が有能さや、社会的承認と紐付けられすぎる社会に否定的だ。だが、そういった風潮が少しずつ変わりつつあるとはいえ、個人単位ではベストを尽くさざるを得ない。だから相談をいただいた新卒者や転職者には、年収が高い業界へ行くことを進める。その方が幸福度アップにつながることを、知ってしまっているからだ。「年収よりも楽しそうに仕事をしていることが、人への評価につながる社会」だったり、「家庭を優先している人が素敵だと言われる社会」を作っていくのが、社会を構成する自分の責務であると感じる。他方、拙著『改訂版 確実内定』でも結局、個人の年収アップにつながる業界選びを案内せざるをえないジレンマを抱えている。
つまり、現代日本では男性は結婚した方が幸せである可能性が高く、結婚するためには年収を上げる必要性がある。そして、年収アップの要になるのが、業界選びなのだ。
女性の年収も上がっていくなかで、どうして男性だけ年収と既婚率が強く相関するのか。そこには前提として「高年収=有能である」という誤解がある。
また、女性の上昇婚志向も根強い。筆者は婚活相談も仕事柄よく受けるのだが、結婚相手の条件に「尊敬できる人がいい」と述べる女性は多い。
男女平等が唱えられる昨今、さすがに「年収○百万円以上の男性がいい」とおおっぴらに言い切れる社会ではなくなってきた。そこで言い換え語として登場したのが「尊敬できる人」という言葉である。しかし話を詳しく聞いてみると、とどのつまり年収の高い業界に勤める男性が望ましいと、教えてくれる女性は少なくない。
男性の結婚の話として女性からの評価に言及したが、男性同士でも年収、肩書は当然ながら大きな意味を持つ。2017年の調査では男性同士で気になる話題として「年収」「役職」がツートップになっている。大企業で活躍していそう=年収が高そうな男性は、男友達の間でも高い承認を得るからだろう。
就活、転職における「業界選び」の重要性筆者は、こういった年収が有能さや、社会的承認と紐付けられすぎる社会に否定的だ。だが、そういった風潮が少しずつ変わりつつあるとはいえ、個人単位ではベストを尽くさざるを得ない。だから相談をいただいた新卒者や転職者には、年収が高い業界へ行くことを進める。その方が幸福度アップにつながることを、知ってしまっているからだ。「年収よりも楽しそうに仕事をしていることが、人への評価につながる社会」だったり、「家庭を優先している人が素敵だと言われる社会」を作っていくのが、社会を構成する自分の責務であると感じる。他方、拙著『改訂版 確実内定』でも結局、個人の年収アップにつながる業界選びを案内せざるをえないジレンマを抱えている。
筆者は、こういった年収が有能さや、社会的承認と紐付けられすぎる社会に否定的だ。だが、そういった風潮が少しずつ変わりつつあるとはいえ、個人単位ではベストを尽くさざるを得ない。だから相談をいただいた新卒者や転職者には、年収が高い業界へ行くことを進める。その方が幸福度アップにつながることを、知ってしまっているからだ。
「年収よりも楽しそうに仕事をしていることが、人への評価につながる社会」だったり、「家庭を優先している人が素敵だと言われる社会」を作っていくのが、社会を構成する自分の責務であると感じる。他方、拙著『改訂版 確実内定』でも結局、個人の年収アップにつながる業界選びを案内せざるをえないジレンマを抱えている。