30日から元日にかけ大雪警戒 北日本から西日本の日本海側中心に

30日から元日ごろにかけて冬型の気圧配置が強まり、北日本から西日本の日本海側を中心に大雪になる恐れがある。気象庁は「雪雲が予想より発達した場合、31日から元日にかけて近畿地方で警報級の大雪になる可能性もある」と説明。年末年始で帰省や遠出の時期と重なり、道路情報や公共交通機関の運行状況に注意するよう呼びかけている。
【金閣寺、時計台…各地で雪化粧】 気象庁によると、上空に強い寒気が流れ込み、近畿北部・中部▽北陸▽山陰などで大雪となり、普段雪の少ない近畿南部でも積雪の恐れがある。31日午後6時までの24時間に予想される降雪量は、山地を中心に多い所で、近畿北部40~60センチ▽近畿中部30~50センチ▽富山県60~80センチ▽山陰40~60センチ。近畿北部などで記録的大雪となった25~27日と寒気の強さは同程度という。 JR西日本によると、北陸地方では31日に特急や在来線の運転を見合わせる可能性がある。【野田樹】
気象庁によると、上空に強い寒気が流れ込み、近畿北部・中部▽北陸▽山陰などで大雪となり、普段雪の少ない近畿南部でも積雪の恐れがある。31日午後6時までの24時間に予想される降雪量は、山地を中心に多い所で、近畿北部40~60センチ▽近畿中部30~50センチ▽富山県60~80センチ▽山陰40~60センチ。近畿北部などで記録的大雪となった25~27日と寒気の強さは同程度という。
JR西日本によると、北陸地方では31日に特急や在来線の運転を見合わせる可能性がある。【野田樹】