アパート火災で21歳の女性死亡、高校生の弟を放火容疑で逮捕 那覇

31日午前6時半ごろ、那覇市のアパートの一室で火災があり、住人の清掃作業員の女性(21)が病院に搬送され、その後死亡が確認された。
沖縄県警は同日、女性の弟で、この部屋に住む高校生(16)を現住建造物等放火の疑いで緊急逮捕し、発表した。県警は、容疑の認否を明らかにしていない。
那覇署によると、高校生は31日午前6時20分ごろ、アパートの一室に放火した疑いがある。この部屋には女性や高校生と母親ら4人が暮らしており、出火当時、母親は外出していたという。