芸大生死亡で大学「熱心な学生亡くし、言葉もない」 制作中に引火

栃木県警宇都宮中央署は30日、宇都宮市富士見が丘1、文星芸術大美術学部3年の女子学生、西岡洸(たける)さん(21)が作品制作中の引火事故で重いやけどを負い、入院先の病院で死亡したと発表した。
電動工具の火花が服に引火、芸術大の学生死亡 同署や文星芸大によると、西岡さんは22日午後2時ごろ、同市上戸祭4の大学構内の屋外作業場で、授業課題だった立体作品を制作。鉄板を電動グラインダーで切断中、火花が着衣に引火した。病院に搬送されたが、30日に死亡した。死因は重症のやけどで脳に酸素が届かなくなることによる蘇生後脳症だった。

 大学によると、西岡さんは総合造形専攻に所属し、22日は授業がなく、正午ごろから許可を得て屋外で制作していた。付き添いの職員が悲鳴を聞いて駆けつけたが、西岡さんは消火中に意識を失った。西岡さんは燃えにくい作業着や手袋、帽子などを着用していた。 大学は23日に安全対策調査検討委員会を設置し、事故原因を調べている。島田好正事務局長は「熱心に取り組んでいた学生を亡くし、言葉もない。二度と起こらないように対策を講じたい」と話した。【堀智行】
同署や文星芸大によると、西岡さんは22日午後2時ごろ、同市上戸祭4の大学構内の屋外作業場で、授業課題だった立体作品を制作。鉄板を電動グラインダーで切断中、火花が着衣に引火した。病院に搬送されたが、30日に死亡した。死因は重症のやけどで脳に酸素が届かなくなることによる蘇生後脳症だった。
大学によると、西岡さんは総合造形専攻に所属し、22日は授業がなく、正午ごろから許可を得て屋外で制作していた。付き添いの職員が悲鳴を聞いて駆けつけたが、西岡さんは消火中に意識を失った。西岡さんは燃えにくい作業着や手袋、帽子などを着用していた。
大学は23日に安全対策調査検討委員会を設置し、事故原因を調べている。島田好正事務局長は「熱心に取り組んでいた学生を亡くし、言葉もない。二度と起こらないように対策を講じたい」と話した。【堀智行】