放火疑いの男、死因は蘇生後脳症 大阪・北新地ビル放火

大阪市北区曽根崎新地のビル4階のクリニックで被害者25人が死亡した放火殺人事件で、放火と殺人の疑いが持たれ、30日に死亡した谷本盛雄容疑者(61)について、大阪府警天満署捜査本部は31日、司法解剖の結果、死因は一酸化炭素中毒による蘇生(そせい)後脳症だったと明らかにした。
捜査本部によると、谷本容疑者は、重度の一酸化炭素中毒や気道熱傷などで意識不明の重篤な状態が続いていたが、30日午後7時5分に大阪市内の病院で死亡が確認された。