【梅垣 航一朗】「昭和レトロな古いおもちゃ」超高額買取ベスト30を公開…!“奇跡の100万円”超えも

某お宝番組を見ていると、意外な高値がついて驚くのが「レトロ玩具」。ブリキのおもちゃから始まり、ソフビ人形や超合金といった商品まで、幅広いジャンルが存在する。
古い商品でありながら、砲弾が発射されたり、目の点灯やサウンド再生など、ギミックの豊富さも魅力。クオリティの高さに虜になるファンがいるのも納得だ。
今回、ホビー商品の大手買取店である『買取コレクター』の鑑定士代表である梅垣航一朗氏に、同社のなかで歴代で最も高額な値段がついた「レトロ玩具」ベスト30を紹介してもらった。
おもちゃ屋で販売されていた商品だけでなく、非売品や当選品なども含まれ、まさに“玩具の異種混合戦”となった今回のランキング。見ているだけで心ときめくTOP30を早速紹介しよう。
※価格は、過去にオークションサイトなどで、買取コレクターが出品した際に実際に落札された時点での金額。取り扱い実績のある商品のみでランキング化しています。価格は流通量、商品の状態などによって大きく変動する可能性があります。口から煙がでる驚きギミック■30位 「ジャンボマシンダー XX計画 ひみつ兵器ケース」30位 「ジャンボマシンダー XX計画 ひみつ兵器ケース」価格:61,000円「1973年頃、当時バラ売りだったジャンボマシンダー用のひみつ兵器パーツをそれぞれ購入し、付属の切手を揃えて応募することで手にいれることができたのが、こちらの『ひみつ兵器ケース』。入手難易度が高く、希少価値の高い商品となっております」(梅垣さん、以下同)■29位 「電動歩行 アーストロン」(ブルマァク)29位 「電動歩行 アーストロン」(ブルマァク)価格:67,500円「アーストロンは『帰ってきたウルトラマン』に登場する怪獣です。リモコン操作により目の点灯や鳴き声のサウンドが鳴り、さらには口から煙も発生させる事ができます」 ■28位 「恐竜戦隊コセイドン コセイドン号」(トミー)28位 「恐竜戦隊コセイドン コセイドン号」(トミー)価格:74,000円「『恐竜戦隊コセイドン』は、ウルトラマンシリーズで有名な円谷プロが1978年に制作した特撮番組です。こちらのコセイドン号は隊員達が搭乗する母艦で、後部のブースターの回転やハッチのオープンなどのギミックがあります」■27位 「フリクション パトカー グロリア スーパー6」(ヨネザワ)27位 「商品名不明」(ヨネザワ)価格:90,600円「ブリキのおもちゃで有名なヨネザワ玩具製のミニカーです。全長約40cmと大きく迫力があり、フリクション走行が可能です」■26位 「キングジョー ソフビ人形」(マルサン)26位 「キングジョー ソフビ人形」(マルサン)価格:92,500円「足裏にマルサンロゴが掘られている貴重な当時物のソフビです。本来ならば頭にアンテナがついているのですが、欠損していてもこの値段となり、希少価値の高さが窺えます」着ぐるみ人形劇『カエルのぼうけん』の主人公も■25位 「タイガーマスク ジャイアントソフビ」(中島製作所)25位 「タイガーマスク ジャイアントソフビ」(中島製作所)価格:92,600円「マスクを外した状態とかぶせた状態の、2つのパターンを楽しめる“面とれ”ソフビです。当時物ですと、マスクやマントが欠品していることも多いですのが、全て揃っている状態は貴重です」■24位 「バトルフィーバーJ ミニソフビ5体セット」(ポピー)24位 「バトルフィーバーJ ミニソフビ5体セット」(ポピー)価格:95,500円「『バトルフィーバーJ』はスーパー戦隊シリーズの3作目にあたります。バトルフィーバー隊員それぞれのソフビがパックとなっており、未開封品は大変貴重です」 ■23位 「ケロヨン ソフビ人形」(野村トーイ)23位 「ケロヨン ソフビ人形」(野村トーイ)価格:100,000円「着ぐるみ人形劇『カエルのぼうけん』の主人公、ケロヨンのソフビフィギュアです。本体の他にマフラーやセーターもあり着せることが出来るのですが、本商品はそれが欠品していもこの値段。大変貴重な商品だと言えます」■22位 「亀マークのトーキング 宇宙の騎士テッカマン」(中嶋製作所)22位 「亀マークのトーキング 宇宙の騎士テッカマン」(中嶋製作所)価格:111,000円「中嶋製作所の当時の人気玩具『トーキング』シリーズの一つです。背中のヒモを引くと、4種の音声が再生されるギミックが搭載されています」■21位 「わんぱくブル公」(江崎グリコ)21位 「わんぱくブル公」(江崎グリコ)価格:121,800円「1960年代、江崎グリコの当選品だった『わんぱくブル公』は、ラジコンタイプとリモコンタイプの2つが存在していました。こちらは上位種にあたるラジコンタイプで、高額で取引されています」人気作品からも続々ランクイン■20位 「イケイケシャープ ザ・ドリフターズ ソフビ5体」(ぺんてる)20位 「イケイケシャープ ザ・ドリフターズ ソフビ5体」(ぺんてる)価格:140,001円「ぺんてるの『イケイケシャープ』購入時の抽選プレゼント当選品です。メンバー単体でも高額で取引されています。なかでも仲本工事のメガネパーツは欠品しやすく、そちらも揃っている状態だとさらに価値は高まります」■19位 「聖戦士ダンバイン ビッグ・マシーン」(クローバー)19位 「聖戦士ダンバイン ビッグ・マシーン」(クローバー)価格:141,000円「ジャンボマシンダー風に作られたクローバー製のダンバインフィギュアです。本体全高約56cmの特大サイズで非常に迫力があります」 ■18位 「ドラえもん おもしろポーズ」(ポピー)18位 「ドラえもん おもしろポーズ」(ポピー)価格:151,000円「3体の表情豊かなドラえもんのソフビの他に、3種類のバッジも付属しています。こちらは家をモチーフにしたビニール製パッケージも揃っており、価値が高くなっております」■17位 「銀河鉄道999 メーテルと鉄郎 ドール&ソフビ」(ポピー)17位 「銀河鉄道999 メーテルと鉄郎 ドール&ソフビ」(ポピー)価格:171,000円「大ヒットした人気アニメ『銀河鉄道999』のメーテルと鉄郎がセットになった商品です。メーテルが人形で、鉄郎はソフビフィギュアとなっております。箱が現存し、2体揃っている状態は希少価値が高いです」■16位 「DX王者合体 ダイオージャ」(クローバー ダイカスト)16位 「DX王者合体 ダイオージャ」(クローバー ダイカスト)価格:175,500円「1981年に放送されていた『最強ロボ ダイオージャ』に登場するロボットの3体セットです。こちらの3体は単体版でも販売されていました。3体が合体することにより、ダイオージャに変形できます」シリーズ初めての5体合体■15位 「超合金ボールペン 金色・左手」(ポピー)15位 「超合金ボールペン 金色・左手」(ポピー)価格:186,000円「超合金ボールペンは応募券を集めてもらえた商品と、ボルテスVのボルトインボックスという商品に付属していた商品があり、前者の金色・左手はオークションにも滅多に出てこない希少品です」■14位 「DX超合金 光速合体 グレートファイブ」(バンダイ)14位 「DX超合金 光速合体 グレートファイブ」(バンダイ)価格:196,000円「1987年に放送されたスーパー戦隊シリーズ『光戦隊マスクマン』の合体ロボセットです。現在では5体合体は当たり前となりましたが、グレートファイブがスーパー戦隊シリーズで初めての5体合体を実現させたと言われています」 ■13位 「超合金 GA-42 ロボデキ」(ポピー)13位 「超合金 GA-42 ロボデキ」(ポピー)価格:201,001円「『がんばれ!!ロボコン』に登場するキャラクター 『ロボデキ』です。放送後期に登場したキャラクターで、後期のキャラクターの超合金は流通量が少なかったらしく、希少価値がより高くなっているそうです」■12位 「ソニー坊や ソフビ人形」12位 「ソニー坊や ソフビ人形」価格:210,334円「ソニー坊やはソニーのマスコットキャラクターとして当時活躍しました。こちらは台座底板が木製でかなり古いものと思われます。店頭用で入手困難な逸品です」■11位 「DXポピニカ 5連合体作戦 ガッチャスパルタン」(ポピー)11位 「DXポピニカ 5連合体作戦 ガッチャスパルタン」(ポピー)価格:241,000円「5人の科学忍者隊の専用マシン『Gメカ』がセットになった商品です。それぞれの5機が合体により大型戦闘機『ガッチャスパルタン』に変形します」メカ系強し■10位 「ポピニカ ボルテスV ボルトインボックス」(ポピー)10位 「ポピニカ ボルテスV ボルトインボックス」(ポピー)価格:272,000円「『超電磁マシーン ボルテスV』の5機合体セットです。この5機は単体でも販売されており、どの機体も希少価値が高く人気があります」■9位 「ザンボット3 合体セット コンビネーションプログラム」(クローバー)9位 「ザンボット3 合体セット コンビネーションプログラム」(クローバー)価格:280,110円「1977~1978年に放送されていた『無敵超人ザンボット3』のセット商品です。ザンバード、ザンブル、ザンベースのメカが合体した形態を再現可能です」 ■8位 「ジャンボマシンダー ゲッター1」(ポピー)8位 「ジャンボマシンダー ゲッター1」(ポピー)価格:299,111円「昭和の人気玩具の代表格、ポピーのジャンボマシンダーよりゲッター1です。腹部のシールは傷みやすく、キレイに現存しているものは非常に価値が高くなります」■7位 「超金属 鉄人28号」(ポピー)7位 「超金属 鉄人28号」(ポピー)価格:304,000円「前部はすべて鉄板製となっており、マグネットにより着脱ができる仕様です。正太郎や修理ロボを乗せて遊ぶ事ができます」■6位 「ウルトラマン ソフビ人形(酔っぱらい 赤顔)」(ブルマァク)6位 「ウルトラマン ソフビ人形(酔っぱらい 赤顔)」(ブルマァク価格:367,000円「酔っ払ったような赤い顔が特徴のソフビです。当時のミスによりカラーリングが反転してしまい、極少数だけが市場に出回った非常に希少なエラー品です」ついに大台の100万円へ■5位 「ビクトラー VJ-07 ジャックタンク」(ポピー)5位 「ビクトラー VJ-07 ジャックタンク」(ポピー)価格:431,500円「1977年に放映されていた『ジャッカー電撃隊』の当時物の玩具です。ポピニカシリーズでもジャックタンクは発売されていますが、こちらのビクトラーシリーズは同シリーズのフィギュアも搭載することが出来るため、ポピニカシリーズと比べると大きめな作りとなっています」■4位 「フレッシュケーキのハロー ペコちゃん 首ふりソフビ」4位 「フレッシュケーキのハロー ペコちゃん 首ふりソフビ」価格:441,800円「1960年代のペコちゃん人形に多く見られる『ペコちゃん』の名前入りの右足に、1970年代以降のペコちゃんの特徴である“スリムなシルエットのズボン”を履いた、本商品のデザインは非常に出回りが少なく、かなり希少価値が高い逸品です」 ■3位 「スーパージャンボマシンダー 百獣王ゴライオン」(ポピー)3位 「スーパージャンボマシンダー 百獣王ゴライオン」(ポピー)価格:751,000円「スーパージャンボマシンダーは5種展開されており、どれも比較的希少な商品となっています。特にゴライオンは非常に高価で取引されています」■2位 「ジャンボマシンダー タイホウバッハロー」(ポピー)2位 「ジャンボマシンダー タイホウバッハロー」(ポピー)価格:1,267,888円「ジャンボマシンダーシリーズの中でもひときわ希少性の高い商品です。材質はソフビ製で、両肩の大砲内にバネが仕込まれており、ボールを入れて後部レバーを引いて弾くことでボールを発射するギミックが搭載されています」■1位 「UFO戦士ダイアポロン ソフビ」(ブルマァク)1位 「UFO戦士ダイアポロン ソフビ」(ブルマァク)価格:1,333,000円「ブルマァクが制作したダイアポロンの巨大ソフビです。制作された経緯は不明で、店頭用ディスプレイとして制作された非売品でないかとの情報もあり、非常に希少価値の高い逸品です」☆以上、歴代高額「レトロ玩具」ベスト30をご紹介してきたが、ひとつ気をつけなくてはいけないことがある。これらの商品は“状態や汚れによって、買取金額が大きく変わってくる”ということだ。特にレトロ玩具は痛みが激しいものが多いので、自分では見分けがつかない場合は、プロの鑑定士に査定を頼むのが良いだろう。時を経ても、ファンの愛情は色褪せない。いつの時代になっても求める人がいる限り、「レトロ玩具」の価値は高まり続けるだろう。ホビー総合買取の『買取コレクター』https://kaitoricollector.com/監修者:梅垣航一朗(鑑定士)
※価格は、過去にオークションサイトなどで、買取コレクターが出品した際に実際に落札された時点での金額。取り扱い実績のある商品のみでランキング化しています。価格は流通量、商品の状態などによって大きく変動する可能性があります。
■30位 「ジャンボマシンダー XX計画 ひみつ兵器ケース」
30位 「ジャンボマシンダー XX計画 ひみつ兵器ケース」
価格:61,000円
「1973年頃、当時バラ売りだったジャンボマシンダー用のひみつ兵器パーツをそれぞれ購入し、付属の切手を揃えて応募することで手にいれることができたのが、こちらの『ひみつ兵器ケース』。入手難易度が高く、希少価値の高い商品となっております」(梅垣さん、以下同)
■29位 「電動歩行 アーストロン」(ブルマァク)
29位 「電動歩行 アーストロン」(ブルマァク)
価格:67,500円
「アーストロンは『帰ってきたウルトラマン』に登場する怪獣です。リモコン操作により目の点灯や鳴き声のサウンドが鳴り、さらには口から煙も発生させる事ができます」
■28位 「恐竜戦隊コセイドン コセイドン号」(トミー)28位 「恐竜戦隊コセイドン コセイドン号」(トミー)価格:74,000円「『恐竜戦隊コセイドン』は、ウルトラマンシリーズで有名な円谷プロが1978年に制作した特撮番組です。こちらのコセイドン号は隊員達が搭乗する母艦で、後部のブースターの回転やハッチのオープンなどのギミックがあります」■27位 「フリクション パトカー グロリア スーパー6」(ヨネザワ)27位 「商品名不明」(ヨネザワ)価格:90,600円「ブリキのおもちゃで有名なヨネザワ玩具製のミニカーです。全長約40cmと大きく迫力があり、フリクション走行が可能です」■26位 「キングジョー ソフビ人形」(マルサン)26位 「キングジョー ソフビ人形」(マルサン)価格:92,500円「足裏にマルサンロゴが掘られている貴重な当時物のソフビです。本来ならば頭にアンテナがついているのですが、欠損していてもこの値段となり、希少価値の高さが窺えます」着ぐるみ人形劇『カエルのぼうけん』の主人公も■25位 「タイガーマスク ジャイアントソフビ」(中島製作所)25位 「タイガーマスク ジャイアントソフビ」(中島製作所)価格:92,600円「マスクを外した状態とかぶせた状態の、2つのパターンを楽しめる“面とれ”ソフビです。当時物ですと、マスクやマントが欠品していることも多いですのが、全て揃っている状態は貴重です」■24位 「バトルフィーバーJ ミニソフビ5体セット」(ポピー)24位 「バトルフィーバーJ ミニソフビ5体セット」(ポピー)価格:95,500円「『バトルフィーバーJ』はスーパー戦隊シリーズの3作目にあたります。バトルフィーバー隊員それぞれのソフビがパックとなっており、未開封品は大変貴重です」 ■23位 「ケロヨン ソフビ人形」(野村トーイ)23位 「ケロヨン ソフビ人形」(野村トーイ)価格:100,000円「着ぐるみ人形劇『カエルのぼうけん』の主人公、ケロヨンのソフビフィギュアです。本体の他にマフラーやセーターもあり着せることが出来るのですが、本商品はそれが欠品していもこの値段。大変貴重な商品だと言えます」■22位 「亀マークのトーキング 宇宙の騎士テッカマン」(中嶋製作所)22位 「亀マークのトーキング 宇宙の騎士テッカマン」(中嶋製作所)価格:111,000円「中嶋製作所の当時の人気玩具『トーキング』シリーズの一つです。背中のヒモを引くと、4種の音声が再生されるギミックが搭載されています」■21位 「わんぱくブル公」(江崎グリコ)21位 「わんぱくブル公」(江崎グリコ)価格:121,800円「1960年代、江崎グリコの当選品だった『わんぱくブル公』は、ラジコンタイプとリモコンタイプの2つが存在していました。こちらは上位種にあたるラジコンタイプで、高額で取引されています」人気作品からも続々ランクイン■20位 「イケイケシャープ ザ・ドリフターズ ソフビ5体」(ぺんてる)20位 「イケイケシャープ ザ・ドリフターズ ソフビ5体」(ぺんてる)価格:140,001円「ぺんてるの『イケイケシャープ』購入時の抽選プレゼント当選品です。メンバー単体でも高額で取引されています。なかでも仲本工事のメガネパーツは欠品しやすく、そちらも揃っている状態だとさらに価値は高まります」■19位 「聖戦士ダンバイン ビッグ・マシーン」(クローバー)19位 「聖戦士ダンバイン ビッグ・マシーン」(クローバー)価格:141,000円「ジャンボマシンダー風に作られたクローバー製のダンバインフィギュアです。本体全高約56cmの特大サイズで非常に迫力があります」 ■18位 「ドラえもん おもしろポーズ」(ポピー)18位 「ドラえもん おもしろポーズ」(ポピー)価格:151,000円「3体の表情豊かなドラえもんのソフビの他に、3種類のバッジも付属しています。こちらは家をモチーフにしたビニール製パッケージも揃っており、価値が高くなっております」■17位 「銀河鉄道999 メーテルと鉄郎 ドール&ソフビ」(ポピー)17位 「銀河鉄道999 メーテルと鉄郎 ドール&ソフビ」(ポピー)価格:171,000円「大ヒットした人気アニメ『銀河鉄道999』のメーテルと鉄郎がセットになった商品です。メーテルが人形で、鉄郎はソフビフィギュアとなっております。箱が現存し、2体揃っている状態は希少価値が高いです」■16位 「DX王者合体 ダイオージャ」(クローバー ダイカスト)16位 「DX王者合体 ダイオージャ」(クローバー ダイカスト)価格:175,500円「1981年に放送されていた『最強ロボ ダイオージャ』に登場するロボットの3体セットです。こちらの3体は単体版でも販売されていました。3体が合体することにより、ダイオージャに変形できます」シリーズ初めての5体合体■15位 「超合金ボールペン 金色・左手」(ポピー)15位 「超合金ボールペン 金色・左手」(ポピー)価格:186,000円「超合金ボールペンは応募券を集めてもらえた商品と、ボルテスVのボルトインボックスという商品に付属していた商品があり、前者の金色・左手はオークションにも滅多に出てこない希少品です」■14位 「DX超合金 光速合体 グレートファイブ」(バンダイ)14位 「DX超合金 光速合体 グレートファイブ」(バンダイ)価格:196,000円「1987年に放送されたスーパー戦隊シリーズ『光戦隊マスクマン』の合体ロボセットです。現在では5体合体は当たり前となりましたが、グレートファイブがスーパー戦隊シリーズで初めての5体合体を実現させたと言われています」 ■13位 「超合金 GA-42 ロボデキ」(ポピー)13位 「超合金 GA-42 ロボデキ」(ポピー)価格:201,001円「『がんばれ!!ロボコン』に登場するキャラクター 『ロボデキ』です。放送後期に登場したキャラクターで、後期のキャラクターの超合金は流通量が少なかったらしく、希少価値がより高くなっているそうです」■12位 「ソニー坊や ソフビ人形」12位 「ソニー坊や ソフビ人形」価格:210,334円「ソニー坊やはソニーのマスコットキャラクターとして当時活躍しました。こちらは台座底板が木製でかなり古いものと思われます。店頭用で入手困難な逸品です」■11位 「DXポピニカ 5連合体作戦 ガッチャスパルタン」(ポピー)11位 「DXポピニカ 5連合体作戦 ガッチャスパルタン」(ポピー)価格:241,000円「5人の科学忍者隊の専用マシン『Gメカ』がセットになった商品です。それぞれの5機が合体により大型戦闘機『ガッチャスパルタン』に変形します」メカ系強し■10位 「ポピニカ ボルテスV ボルトインボックス」(ポピー)10位 「ポピニカ ボルテスV ボルトインボックス」(ポピー)価格:272,000円「『超電磁マシーン ボルテスV』の5機合体セットです。この5機は単体でも販売されており、どの機体も希少価値が高く人気があります」■9位 「ザンボット3 合体セット コンビネーションプログラム」(クローバー)9位 「ザンボット3 合体セット コンビネーションプログラム」(クローバー)価格:280,110円「1977~1978年に放送されていた『無敵超人ザンボット3』のセット商品です。ザンバード、ザンブル、ザンベースのメカが合体した形態を再現可能です」 ■8位 「ジャンボマシンダー ゲッター1」(ポピー)8位 「ジャンボマシンダー ゲッター1」(ポピー)価格:299,111円「昭和の人気玩具の代表格、ポピーのジャンボマシンダーよりゲッター1です。腹部のシールは傷みやすく、キレイに現存しているものは非常に価値が高くなります」■7位 「超金属 鉄人28号」(ポピー)7位 「超金属 鉄人28号」(ポピー)価格:304,000円「前部はすべて鉄板製となっており、マグネットにより着脱ができる仕様です。正太郎や修理ロボを乗せて遊ぶ事ができます」■6位 「ウルトラマン ソフビ人形(酔っぱらい 赤顔)」(ブルマァク)6位 「ウルトラマン ソフビ人形(酔っぱらい 赤顔)」(ブルマァク価格:367,000円「酔っ払ったような赤い顔が特徴のソフビです。当時のミスによりカラーリングが反転してしまい、極少数だけが市場に出回った非常に希少なエラー品です」ついに大台の100万円へ■5位 「ビクトラー VJ-07 ジャックタンク」(ポピー)5位 「ビクトラー VJ-07 ジャックタンク」(ポピー)価格:431,500円「1977年に放映されていた『ジャッカー電撃隊』の当時物の玩具です。ポピニカシリーズでもジャックタンクは発売されていますが、こちらのビクトラーシリーズは同シリーズのフィギュアも搭載することが出来るため、ポピニカシリーズと比べると大きめな作りとなっています」■4位 「フレッシュケーキのハロー ペコちゃん 首ふりソフビ」4位 「フレッシュケーキのハロー ペコちゃん 首ふりソフビ」価格:441,800円「1960年代のペコちゃん人形に多く見られる『ペコちゃん』の名前入りの右足に、1970年代以降のペコちゃんの特徴である“スリムなシルエットのズボン”を履いた、本商品のデザインは非常に出回りが少なく、かなり希少価値が高い逸品です」 ■3位 「スーパージャンボマシンダー 百獣王ゴライオン」(ポピー)3位 「スーパージャンボマシンダー 百獣王ゴライオン」(ポピー)価格:751,000円「スーパージャンボマシンダーは5種展開されており、どれも比較的希少な商品となっています。特にゴライオンは非常に高価で取引されています」■2位 「ジャンボマシンダー タイホウバッハロー」(ポピー)2位 「ジャンボマシンダー タイホウバッハロー」(ポピー)価格:1,267,888円「ジャンボマシンダーシリーズの中でもひときわ希少性の高い商品です。材質はソフビ製で、両肩の大砲内にバネが仕込まれており、ボールを入れて後部レバーを引いて弾くことでボールを発射するギミックが搭載されています」■1位 「UFO戦士ダイアポロン ソフビ」(ブルマァク)1位 「UFO戦士ダイアポロン ソフビ」(ブルマァク)価格:1,333,000円「ブルマァクが制作したダイアポロンの巨大ソフビです。制作された経緯は不明で、店頭用ディスプレイとして制作された非売品でないかとの情報もあり、非常に希少価値の高い逸品です」☆以上、歴代高額「レトロ玩具」ベスト30をご紹介してきたが、ひとつ気をつけなくてはいけないことがある。これらの商品は“状態や汚れによって、買取金額が大きく変わってくる”ということだ。特にレトロ玩具は痛みが激しいものが多いので、自分では見分けがつかない場合は、プロの鑑定士に査定を頼むのが良いだろう。時を経ても、ファンの愛情は色褪せない。いつの時代になっても求める人がいる限り、「レトロ玩具」の価値は高まり続けるだろう。ホビー総合買取の『買取コレクター』https://kaitoricollector.com/監修者:梅垣航一朗(鑑定士)
■28位 「恐竜戦隊コセイドン コセイドン号」(トミー)
28位 「恐竜戦隊コセイドン コセイドン号」(トミー)
価格:74,000円
「『恐竜戦隊コセイドン』は、ウルトラマンシリーズで有名な円谷プロが1978年に制作した特撮番組です。こちらのコセイドン号は隊員達が搭乗する母艦で、後部のブースターの回転やハッチのオープンなどのギミックがあります」
■27位 「フリクション パトカー グロリア スーパー6」(ヨネザワ)
27位 「商品名不明」(ヨネザワ)
価格:90,600円
「ブリキのおもちゃで有名なヨネザワ玩具製のミニカーです。全長約40cmと大きく迫力があり、フリクション走行が可能です」
■26位 「キングジョー ソフビ人形」(マルサン)
26位 「キングジョー ソフビ人形」(マルサン)
価格:92,500円
「足裏にマルサンロゴが掘られている貴重な当時物のソフビです。本来ならば頭にアンテナがついているのですが、欠損していてもこの値段となり、希少価値の高さが窺えます」
■25位 「タイガーマスク ジャイアントソフビ」(中島製作所)
25位 「タイガーマスク ジャイアントソフビ」(中島製作所)
価格:92,600円
「マスクを外した状態とかぶせた状態の、2つのパターンを楽しめる“面とれ”ソフビです。当時物ですと、マスクやマントが欠品していることも多いですのが、全て揃っている状態は貴重です」
■24位 「バトルフィーバーJ ミニソフビ5体セット」(ポピー)
24位 「バトルフィーバーJ ミニソフビ5体セット」(ポピー)
価格:95,500円
「『バトルフィーバーJ』はスーパー戦隊シリーズの3作目にあたります。バトルフィーバー隊員それぞれのソフビがパックとなっており、未開封品は大変貴重です」
■23位 「ケロヨン ソフビ人形」(野村トーイ)23位 「ケロヨン ソフビ人形」(野村トーイ)価格:100,000円「着ぐるみ人形劇『カエルのぼうけん』の主人公、ケロヨンのソフビフィギュアです。本体の他にマフラーやセーターもあり着せることが出来るのですが、本商品はそれが欠品していもこの値段。大変貴重な商品だと言えます」■22位 「亀マークのトーキング 宇宙の騎士テッカマン」(中嶋製作所)22位 「亀マークのトーキング 宇宙の騎士テッカマン」(中嶋製作所)価格:111,000円「中嶋製作所の当時の人気玩具『トーキング』シリーズの一つです。背中のヒモを引くと、4種の音声が再生されるギミックが搭載されています」■21位 「わんぱくブル公」(江崎グリコ)21位 「わんぱくブル公」(江崎グリコ)価格:121,800円「1960年代、江崎グリコの当選品だった『わんぱくブル公』は、ラジコンタイプとリモコンタイプの2つが存在していました。こちらは上位種にあたるラジコンタイプで、高額で取引されています」人気作品からも続々ランクイン■20位 「イケイケシャープ ザ・ドリフターズ ソフビ5体」(ぺんてる)20位 「イケイケシャープ ザ・ドリフターズ ソフビ5体」(ぺんてる)価格:140,001円「ぺんてるの『イケイケシャープ』購入時の抽選プレゼント当選品です。メンバー単体でも高額で取引されています。なかでも仲本工事のメガネパーツは欠品しやすく、そちらも揃っている状態だとさらに価値は高まります」■19位 「聖戦士ダンバイン ビッグ・マシーン」(クローバー)19位 「聖戦士ダンバイン ビッグ・マシーン」(クローバー)価格:141,000円「ジャンボマシンダー風に作られたクローバー製のダンバインフィギュアです。本体全高約56cmの特大サイズで非常に迫力があります」 ■18位 「ドラえもん おもしろポーズ」(ポピー)18位 「ドラえもん おもしろポーズ」(ポピー)価格:151,000円「3体の表情豊かなドラえもんのソフビの他に、3種類のバッジも付属しています。こちらは家をモチーフにしたビニール製パッケージも揃っており、価値が高くなっております」■17位 「銀河鉄道999 メーテルと鉄郎 ドール&ソフビ」(ポピー)17位 「銀河鉄道999 メーテルと鉄郎 ドール&ソフビ」(ポピー)価格:171,000円「大ヒットした人気アニメ『銀河鉄道999』のメーテルと鉄郎がセットになった商品です。メーテルが人形で、鉄郎はソフビフィギュアとなっております。箱が現存し、2体揃っている状態は希少価値が高いです」■16位 「DX王者合体 ダイオージャ」(クローバー ダイカスト)16位 「DX王者合体 ダイオージャ」(クローバー ダイカスト)価格:175,500円「1981年に放送されていた『最強ロボ ダイオージャ』に登場するロボットの3体セットです。こちらの3体は単体版でも販売されていました。3体が合体することにより、ダイオージャに変形できます」シリーズ初めての5体合体■15位 「超合金ボールペン 金色・左手」(ポピー)15位 「超合金ボールペン 金色・左手」(ポピー)価格:186,000円「超合金ボールペンは応募券を集めてもらえた商品と、ボルテスVのボルトインボックスという商品に付属していた商品があり、前者の金色・左手はオークションにも滅多に出てこない希少品です」■14位 「DX超合金 光速合体 グレートファイブ」(バンダイ)14位 「DX超合金 光速合体 グレートファイブ」(バンダイ)価格:196,000円「1987年に放送されたスーパー戦隊シリーズ『光戦隊マスクマン』の合体ロボセットです。現在では5体合体は当たり前となりましたが、グレートファイブがスーパー戦隊シリーズで初めての5体合体を実現させたと言われています」 ■13位 「超合金 GA-42 ロボデキ」(ポピー)13位 「超合金 GA-42 ロボデキ」(ポピー)価格:201,001円「『がんばれ!!ロボコン』に登場するキャラクター 『ロボデキ』です。放送後期に登場したキャラクターで、後期のキャラクターの超合金は流通量が少なかったらしく、希少価値がより高くなっているそうです」■12位 「ソニー坊や ソフビ人形」12位 「ソニー坊や ソフビ人形」価格:210,334円「ソニー坊やはソニーのマスコットキャラクターとして当時活躍しました。こちらは台座底板が木製でかなり古いものと思われます。店頭用で入手困難な逸品です」■11位 「DXポピニカ 5連合体作戦 ガッチャスパルタン」(ポピー)11位 「DXポピニカ 5連合体作戦 ガッチャスパルタン」(ポピー)価格:241,000円「5人の科学忍者隊の専用マシン『Gメカ』がセットになった商品です。それぞれの5機が合体により大型戦闘機『ガッチャスパルタン』に変形します」メカ系強し■10位 「ポピニカ ボルテスV ボルトインボックス」(ポピー)10位 「ポピニカ ボルテスV ボルトインボックス」(ポピー)価格:272,000円「『超電磁マシーン ボルテスV』の5機合体セットです。この5機は単体でも販売されており、どの機体も希少価値が高く人気があります」■9位 「ザンボット3 合体セット コンビネーションプログラム」(クローバー)9位 「ザンボット3 合体セット コンビネーションプログラム」(クローバー)価格:280,110円「1977~1978年に放送されていた『無敵超人ザンボット3』のセット商品です。ザンバード、ザンブル、ザンベースのメカが合体した形態を再現可能です」 ■8位 「ジャンボマシンダー ゲッター1」(ポピー)8位 「ジャンボマシンダー ゲッター1」(ポピー)価格:299,111円「昭和の人気玩具の代表格、ポピーのジャンボマシンダーよりゲッター1です。腹部のシールは傷みやすく、キレイに現存しているものは非常に価値が高くなります」■7位 「超金属 鉄人28号」(ポピー)7位 「超金属 鉄人28号」(ポピー)価格:304,000円「前部はすべて鉄板製となっており、マグネットにより着脱ができる仕様です。正太郎や修理ロボを乗せて遊ぶ事ができます」■6位 「ウルトラマン ソフビ人形(酔っぱらい 赤顔)」(ブルマァク)6位 「ウルトラマン ソフビ人形(酔っぱらい 赤顔)」(ブルマァク価格:367,000円「酔っ払ったような赤い顔が特徴のソフビです。当時のミスによりカラーリングが反転してしまい、極少数だけが市場に出回った非常に希少なエラー品です」ついに大台の100万円へ■5位 「ビクトラー VJ-07 ジャックタンク」(ポピー)5位 「ビクトラー VJ-07 ジャックタンク」(ポピー)価格:431,500円「1977年に放映されていた『ジャッカー電撃隊』の当時物の玩具です。ポピニカシリーズでもジャックタンクは発売されていますが、こちらのビクトラーシリーズは同シリーズのフィギュアも搭載することが出来るため、ポピニカシリーズと比べると大きめな作りとなっています」■4位 「フレッシュケーキのハロー ペコちゃん 首ふりソフビ」4位 「フレッシュケーキのハロー ペコちゃん 首ふりソフビ」価格:441,800円「1960年代のペコちゃん人形に多く見られる『ペコちゃん』の名前入りの右足に、1970年代以降のペコちゃんの特徴である“スリムなシルエットのズボン”を履いた、本商品のデザインは非常に出回りが少なく、かなり希少価値が高い逸品です」 ■3位 「スーパージャンボマシンダー 百獣王ゴライオン」(ポピー)3位 「スーパージャンボマシンダー 百獣王ゴライオン」(ポピー)価格:751,000円「スーパージャンボマシンダーは5種展開されており、どれも比較的希少な商品となっています。特にゴライオンは非常に高価で取引されています」■2位 「ジャンボマシンダー タイホウバッハロー」(ポピー)2位 「ジャンボマシンダー タイホウバッハロー」(ポピー)価格:1,267,888円「ジャンボマシンダーシリーズの中でもひときわ希少性の高い商品です。材質はソフビ製で、両肩の大砲内にバネが仕込まれており、ボールを入れて後部レバーを引いて弾くことでボールを発射するギミックが搭載されています」■1位 「UFO戦士ダイアポロン ソフビ」(ブルマァク)1位 「UFO戦士ダイアポロン ソフビ」(ブルマァク)価格:1,333,000円「ブルマァクが制作したダイアポロンの巨大ソフビです。制作された経緯は不明で、店頭用ディスプレイとして制作された非売品でないかとの情報もあり、非常に希少価値の高い逸品です」☆以上、歴代高額「レトロ玩具」ベスト30をご紹介してきたが、ひとつ気をつけなくてはいけないことがある。これらの商品は“状態や汚れによって、買取金額が大きく変わってくる”ということだ。特にレトロ玩具は痛みが激しいものが多いので、自分では見分けがつかない場合は、プロの鑑定士に査定を頼むのが良いだろう。時を経ても、ファンの愛情は色褪せない。いつの時代になっても求める人がいる限り、「レトロ玩具」の価値は高まり続けるだろう。ホビー総合買取の『買取コレクター』https://kaitoricollector.com/監修者:梅垣航一朗(鑑定士)
■23位 「ケロヨン ソフビ人形」(野村トーイ)
23位 「ケロヨン ソフビ人形」(野村トーイ)
価格:100,000円
「着ぐるみ人形劇『カエルのぼうけん』の主人公、ケロヨンのソフビフィギュアです。本体の他にマフラーやセーターもあり着せることが出来るのですが、本商品はそれが欠品していもこの値段。大変貴重な商品だと言えます」
■22位 「亀マークのトーキング 宇宙の騎士テッカマン」(中嶋製作所)
22位 「亀マークのトーキング 宇宙の騎士テッカマン」(中嶋製作所)
価格:111,000円
「中嶋製作所の当時の人気玩具『トーキング』シリーズの一つです。背中のヒモを引くと、4種の音声が再生されるギミックが搭載されています」
■21位 「わんぱくブル公」(江崎グリコ)
21位 「わんぱくブル公」(江崎グリコ)
価格:121,800円
「1960年代、江崎グリコの当選品だった『わんぱくブル公』は、ラジコンタイプとリモコンタイプの2つが存在していました。こちらは上位種にあたるラジコンタイプで、高額で取引されています」
■20位 「イケイケシャープ ザ・ドリフターズ ソフビ5体」(ぺんてる)
20位 「イケイケシャープ ザ・ドリフターズ ソフビ5体」(ぺんてる)
価格:140,001円
「ぺんてるの『イケイケシャープ』購入時の抽選プレゼント当選品です。メンバー単体でも高額で取引されています。なかでも仲本工事のメガネパーツは欠品しやすく、そちらも揃っている状態だとさらに価値は高まります」
■19位 「聖戦士ダンバイン ビッグ・マシーン」(クローバー)
19位 「聖戦士ダンバイン ビッグ・マシーン」(クローバー)
価格:141,000円
「ジャンボマシンダー風に作られたクローバー製のダンバインフィギュアです。本体全高約56cmの特大サイズで非常に迫力があります」
■18位 「ドラえもん おもしろポーズ」(ポピー)18位 「ドラえもん おもしろポーズ」(ポピー)価格:151,000円「3体の表情豊かなドラえもんのソフビの他に、3種類のバッジも付属しています。こちらは家をモチーフにしたビニール製パッケージも揃っており、価値が高くなっております」■17位 「銀河鉄道999 メーテルと鉄郎 ドール&ソフビ」(ポピー)17位 「銀河鉄道999 メーテルと鉄郎 ドール&ソフビ」(ポピー)価格:171,000円「大ヒットした人気アニメ『銀河鉄道999』のメーテルと鉄郎がセットになった商品です。メーテルが人形で、鉄郎はソフビフィギュアとなっております。箱が現存し、2体揃っている状態は希少価値が高いです」■16位 「DX王者合体 ダイオージャ」(クローバー ダイカスト)16位 「DX王者合体 ダイオージャ」(クローバー ダイカスト)価格:175,500円「1981年に放送されていた『最強ロボ ダイオージャ』に登場するロボットの3体セットです。こちらの3体は単体版でも販売されていました。3体が合体することにより、ダイオージャに変形できます」シリーズ初めての5体合体■15位 「超合金ボールペン 金色・左手」(ポピー)15位 「超合金ボールペン 金色・左手」(ポピー)価格:186,000円「超合金ボールペンは応募券を集めてもらえた商品と、ボルテスVのボルトインボックスという商品に付属していた商品があり、前者の金色・左手はオークションにも滅多に出てこない希少品です」■14位 「DX超合金 光速合体 グレートファイブ」(バンダイ)14位 「DX超合金 光速合体 グレートファイブ」(バンダイ)価格:196,000円「1987年に放送されたスーパー戦隊シリーズ『光戦隊マスクマン』の合体ロボセットです。現在では5体合体は当たり前となりましたが、グレートファイブがスーパー戦隊シリーズで初めての5体合体を実現させたと言われています」 ■13位 「超合金 GA-42 ロボデキ」(ポピー)13位 「超合金 GA-42 ロボデキ」(ポピー)価格:201,001円「『がんばれ!!ロボコン』に登場するキャラクター 『ロボデキ』です。放送後期に登場したキャラクターで、後期のキャラクターの超合金は流通量が少なかったらしく、希少価値がより高くなっているそうです」■12位 「ソニー坊や ソフビ人形」12位 「ソニー坊や ソフビ人形」価格:210,334円「ソニー坊やはソニーのマスコットキャラクターとして当時活躍しました。こちらは台座底板が木製でかなり古いものと思われます。店頭用で入手困難な逸品です」■11位 「DXポピニカ 5連合体作戦 ガッチャスパルタン」(ポピー)11位 「DXポピニカ 5連合体作戦 ガッチャスパルタン」(ポピー)価格:241,000円「5人の科学忍者隊の専用マシン『Gメカ』がセットになった商品です。それぞれの5機が合体により大型戦闘機『ガッチャスパルタン』に変形します」メカ系強し■10位 「ポピニカ ボルテスV ボルトインボックス」(ポピー)10位 「ポピニカ ボルテスV ボルトインボックス」(ポピー)価格:272,000円「『超電磁マシーン ボルテスV』の5機合体セットです。この5機は単体でも販売されており、どの機体も希少価値が高く人気があります」■9位 「ザンボット3 合体セット コンビネーションプログラム」(クローバー)9位 「ザンボット3 合体セット コンビネーションプログラム」(クローバー)価格:280,110円「1977~1978年に放送されていた『無敵超人ザンボット3』のセット商品です。ザンバード、ザンブル、ザンベースのメカが合体した形態を再現可能です」 ■8位 「ジャンボマシンダー ゲッター1」(ポピー)8位 「ジャンボマシンダー ゲッター1」(ポピー)価格:299,111円「昭和の人気玩具の代表格、ポピーのジャンボマシンダーよりゲッター1です。腹部のシールは傷みやすく、キレイに現存しているものは非常に価値が高くなります」■7位 「超金属 鉄人28号」(ポピー)7位 「超金属 鉄人28号」(ポピー)価格:304,000円「前部はすべて鉄板製となっており、マグネットにより着脱ができる仕様です。正太郎や修理ロボを乗せて遊ぶ事ができます」■6位 「ウルトラマン ソフビ人形(酔っぱらい 赤顔)」(ブルマァク)6位 「ウルトラマン ソフビ人形(酔っぱらい 赤顔)」(ブルマァク価格:367,000円「酔っ払ったような赤い顔が特徴のソフビです。当時のミスによりカラーリングが反転してしまい、極少数だけが市場に出回った非常に希少なエラー品です」ついに大台の100万円へ■5位 「ビクトラー VJ-07 ジャックタンク」(ポピー)5位 「ビクトラー VJ-07 ジャックタンク」(ポピー)価格:431,500円「1977年に放映されていた『ジャッカー電撃隊』の当時物の玩具です。ポピニカシリーズでもジャックタンクは発売されていますが、こちらのビクトラーシリーズは同シリーズのフィギュアも搭載することが出来るため、ポピニカシリーズと比べると大きめな作りとなっています」■4位 「フレッシュケーキのハロー ペコちゃん 首ふりソフビ」4位 「フレッシュケーキのハロー ペコちゃん 首ふりソフビ」価格:441,800円「1960年代のペコちゃん人形に多く見られる『ペコちゃん』の名前入りの右足に、1970年代以降のペコちゃんの特徴である“スリムなシルエットのズボン”を履いた、本商品のデザインは非常に出回りが少なく、かなり希少価値が高い逸品です」 ■3位 「スーパージャンボマシンダー 百獣王ゴライオン」(ポピー)3位 「スーパージャンボマシンダー 百獣王ゴライオン」(ポピー)価格:751,000円「スーパージャンボマシンダーは5種展開されており、どれも比較的希少な商品となっています。特にゴライオンは非常に高価で取引されています」■2位 「ジャンボマシンダー タイホウバッハロー」(ポピー)2位 「ジャンボマシンダー タイホウバッハロー」(ポピー)価格:1,267,888円「ジャンボマシンダーシリーズの中でもひときわ希少性の高い商品です。材質はソフビ製で、両肩の大砲内にバネが仕込まれており、ボールを入れて後部レバーを引いて弾くことでボールを発射するギミックが搭載されています」■1位 「UFO戦士ダイアポロン ソフビ」(ブルマァク)1位 「UFO戦士ダイアポロン ソフビ」(ブルマァク)価格:1,333,000円「ブルマァクが制作したダイアポロンの巨大ソフビです。制作された経緯は不明で、店頭用ディスプレイとして制作された非売品でないかとの情報もあり、非常に希少価値の高い逸品です」☆以上、歴代高額「レトロ玩具」ベスト30をご紹介してきたが、ひとつ気をつけなくてはいけないことがある。これらの商品は“状態や汚れによって、買取金額が大きく変わってくる”ということだ。特にレトロ玩具は痛みが激しいものが多いので、自分では見分けがつかない場合は、プロの鑑定士に査定を頼むのが良いだろう。時を経ても、ファンの愛情は色褪せない。いつの時代になっても求める人がいる限り、「レトロ玩具」の価値は高まり続けるだろう。ホビー総合買取の『買取コレクター』https://kaitoricollector.com/監修者:梅垣航一朗(鑑定士)
■18位 「ドラえもん おもしろポーズ」(ポピー)
18位 「ドラえもん おもしろポーズ」(ポピー)
価格:151,000円
「3体の表情豊かなドラえもんのソフビの他に、3種類のバッジも付属しています。こちらは家をモチーフにしたビニール製パッケージも揃っており、価値が高くなっております」
■17位 「銀河鉄道999 メーテルと鉄郎 ドール&ソフビ」(ポピー)
17位 「銀河鉄道999 メーテルと鉄郎 ドール&ソフビ」(ポピー)
価格:171,000円
「大ヒットした人気アニメ『銀河鉄道999』のメーテルと鉄郎がセットになった商品です。メーテルが人形で、鉄郎はソフビフィギュアとなっております。箱が現存し、2体揃っている状態は希少価値が高いです」
■16位 「DX王者合体 ダイオージャ」(クローバー ダイカスト)
16位 「DX王者合体 ダイオージャ」(クローバー ダイカスト)
価格:175,500円
「1981年に放送されていた『最強ロボ ダイオージャ』に登場するロボットの3体セットです。こちらの3体は単体版でも販売されていました。3体が合体することにより、ダイオージャに変形できます」
■15位 「超合金ボールペン 金色・左手」(ポピー)
15位 「超合金ボールペン 金色・左手」(ポピー)
価格:186,000円
「超合金ボールペンは応募券を集めてもらえた商品と、ボルテスVのボルトインボックスという商品に付属していた商品があり、前者の金色・左手はオークションにも滅多に出てこない希少品です」
■14位 「DX超合金 光速合体 グレートファイブ」(バンダイ)
14位 「DX超合金 光速合体 グレートファイブ」(バンダイ)
価格:196,000円
「1987年に放送されたスーパー戦隊シリーズ『光戦隊マスクマン』の合体ロボセットです。現在では5体合体は当たり前となりましたが、グレートファイブがスーパー戦隊シリーズで初めての5体合体を実現させたと言われています」
■13位 「超合金 GA-42 ロボデキ」(ポピー)13位 「超合金 GA-42 ロボデキ」(ポピー)価格:201,001円「『がんばれ!!ロボコン』に登場するキャラクター 『ロボデキ』です。放送後期に登場したキャラクターで、後期のキャラクターの超合金は流通量が少なかったらしく、希少価値がより高くなっているそうです」■12位 「ソニー坊や ソフビ人形」12位 「ソニー坊や ソフビ人形」価格:210,334円「ソニー坊やはソニーのマスコットキャラクターとして当時活躍しました。こちらは台座底板が木製でかなり古いものと思われます。店頭用で入手困難な逸品です」■11位 「DXポピニカ 5連合体作戦 ガッチャスパルタン」(ポピー)11位 「DXポピニカ 5連合体作戦 ガッチャスパルタン」(ポピー)価格:241,000円「5人の科学忍者隊の専用マシン『Gメカ』がセットになった商品です。それぞれの5機が合体により大型戦闘機『ガッチャスパルタン』に変形します」メカ系強し■10位 「ポピニカ ボルテスV ボルトインボックス」(ポピー)10位 「ポピニカ ボルテスV ボルトインボックス」(ポピー)価格:272,000円「『超電磁マシーン ボルテスV』の5機合体セットです。この5機は単体でも販売されており、どの機体も希少価値が高く人気があります」■9位 「ザンボット3 合体セット コンビネーションプログラム」(クローバー)9位 「ザンボット3 合体セット コンビネーションプログラム」(クローバー)価格:280,110円「1977~1978年に放送されていた『無敵超人ザンボット3』のセット商品です。ザンバード、ザンブル、ザンベースのメカが合体した形態を再現可能です」 ■8位 「ジャンボマシンダー ゲッター1」(ポピー)8位 「ジャンボマシンダー ゲッター1」(ポピー)価格:299,111円「昭和の人気玩具の代表格、ポピーのジャンボマシンダーよりゲッター1です。腹部のシールは傷みやすく、キレイに現存しているものは非常に価値が高くなります」■7位 「超金属 鉄人28号」(ポピー)7位 「超金属 鉄人28号」(ポピー)価格:304,000円「前部はすべて鉄板製となっており、マグネットにより着脱ができる仕様です。正太郎や修理ロボを乗せて遊ぶ事ができます」■6位 「ウルトラマン ソフビ人形(酔っぱらい 赤顔)」(ブルマァク)6位 「ウルトラマン ソフビ人形(酔っぱらい 赤顔)」(ブルマァク価格:367,000円「酔っ払ったような赤い顔が特徴のソフビです。当時のミスによりカラーリングが反転してしまい、極少数だけが市場に出回った非常に希少なエラー品です」ついに大台の100万円へ■5位 「ビクトラー VJ-07 ジャックタンク」(ポピー)5位 「ビクトラー VJ-07 ジャックタンク」(ポピー)価格:431,500円「1977年に放映されていた『ジャッカー電撃隊』の当時物の玩具です。ポピニカシリーズでもジャックタンクは発売されていますが、こちらのビクトラーシリーズは同シリーズのフィギュアも搭載することが出来るため、ポピニカシリーズと比べると大きめな作りとなっています」■4位 「フレッシュケーキのハロー ペコちゃん 首ふりソフビ」4位 「フレッシュケーキのハロー ペコちゃん 首ふりソフビ」価格:441,800円「1960年代のペコちゃん人形に多く見られる『ペコちゃん』の名前入りの右足に、1970年代以降のペコちゃんの特徴である“スリムなシルエットのズボン”を履いた、本商品のデザインは非常に出回りが少なく、かなり希少価値が高い逸品です」 ■3位 「スーパージャンボマシンダー 百獣王ゴライオン」(ポピー)3位 「スーパージャンボマシンダー 百獣王ゴライオン」(ポピー)価格:751,000円「スーパージャンボマシンダーは5種展開されており、どれも比較的希少な商品となっています。特にゴライオンは非常に高価で取引されています」■2位 「ジャンボマシンダー タイホウバッハロー」(ポピー)2位 「ジャンボマシンダー タイホウバッハロー」(ポピー)価格:1,267,888円「ジャンボマシンダーシリーズの中でもひときわ希少性の高い商品です。材質はソフビ製で、両肩の大砲内にバネが仕込まれており、ボールを入れて後部レバーを引いて弾くことでボールを発射するギミックが搭載されています」■1位 「UFO戦士ダイアポロン ソフビ」(ブルマァク)1位 「UFO戦士ダイアポロン ソフビ」(ブルマァク)価格:1,333,000円「ブルマァクが制作したダイアポロンの巨大ソフビです。制作された経緯は不明で、店頭用ディスプレイとして制作された非売品でないかとの情報もあり、非常に希少価値の高い逸品です」☆以上、歴代高額「レトロ玩具」ベスト30をご紹介してきたが、ひとつ気をつけなくてはいけないことがある。これらの商品は“状態や汚れによって、買取金額が大きく変わってくる”ということだ。特にレトロ玩具は痛みが激しいものが多いので、自分では見分けがつかない場合は、プロの鑑定士に査定を頼むのが良いだろう。時を経ても、ファンの愛情は色褪せない。いつの時代になっても求める人がいる限り、「レトロ玩具」の価値は高まり続けるだろう。ホビー総合買取の『買取コレクター』https://kaitoricollector.com/監修者:梅垣航一朗(鑑定士)
■13位 「超合金 GA-42 ロボデキ」(ポピー)
13位 「超合金 GA-42 ロボデキ」(ポピー)
価格:201,001円
「『がんばれ!!ロボコン』に登場するキャラクター 『ロボデキ』です。放送後期に登場したキャラクターで、後期のキャラクターの超合金は流通量が少なかったらしく、希少価値がより高くなっているそうです」
■12位 「ソニー坊や ソフビ人形」
12位 「ソニー坊や ソフビ人形」
価格:210,334円
「ソニー坊やはソニーのマスコットキャラクターとして当時活躍しました。こちらは台座底板が木製でかなり古いものと思われます。店頭用で入手困難な逸品です」
■11位 「DXポピニカ 5連合体作戦 ガッチャスパルタン」(ポピー)
11位 「DXポピニカ 5連合体作戦 ガッチャスパルタン」(ポピー)
価格:241,000円
「5人の科学忍者隊の専用マシン『Gメカ』がセットになった商品です。それぞれの5機が合体により大型戦闘機『ガッチャスパルタン』に変形します」
■10位 「ポピニカ ボルテスV ボルトインボックス」(ポピー)
10位 「ポピニカ ボルテスV ボルトインボックス」(ポピー)
価格:272,000円
「『超電磁マシーン ボルテスV』の5機合体セットです。この5機は単体でも販売されており、どの機体も希少価値が高く人気があります」
■9位 「ザンボット3 合体セット コンビネーションプログラム」(クローバー)
9位 「ザンボット3 合体セット コンビネーションプログラム」(クローバー)
価格:280,110円
「1977~1978年に放送されていた『無敵超人ザンボット3』のセット商品です。ザンバード、ザンブル、ザンベースのメカが合体した形態を再現可能です」
■8位 「ジャンボマシンダー ゲッター1」(ポピー)8位 「ジャンボマシンダー ゲッター1」(ポピー)価格:299,111円「昭和の人気玩具の代表格、ポピーのジャンボマシンダーよりゲッター1です。腹部のシールは傷みやすく、キレイに現存しているものは非常に価値が高くなります」■7位 「超金属 鉄人28号」(ポピー)7位 「超金属 鉄人28号」(ポピー)価格:304,000円「前部はすべて鉄板製となっており、マグネットにより着脱ができる仕様です。正太郎や修理ロボを乗せて遊ぶ事ができます」■6位 「ウルトラマン ソフビ人形(酔っぱらい 赤顔)」(ブルマァク)6位 「ウルトラマン ソフビ人形(酔っぱらい 赤顔)」(ブルマァク価格:367,000円「酔っ払ったような赤い顔が特徴のソフビです。当時のミスによりカラーリングが反転してしまい、極少数だけが市場に出回った非常に希少なエラー品です」ついに大台の100万円へ■5位 「ビクトラー VJ-07 ジャックタンク」(ポピー)5位 「ビクトラー VJ-07 ジャックタンク」(ポピー)価格:431,500円「1977年に放映されていた『ジャッカー電撃隊』の当時物の玩具です。ポピニカシリーズでもジャックタンクは発売されていますが、こちらのビクトラーシリーズは同シリーズのフィギュアも搭載することが出来るため、ポピニカシリーズと比べると大きめな作りとなっています」■4位 「フレッシュケーキのハロー ペコちゃん 首ふりソフビ」4位 「フレッシュケーキのハロー ペコちゃん 首ふりソフビ」価格:441,800円「1960年代のペコちゃん人形に多く見られる『ペコちゃん』の名前入りの右足に、1970年代以降のペコちゃんの特徴である“スリムなシルエットのズボン”を履いた、本商品のデザインは非常に出回りが少なく、かなり希少価値が高い逸品です」 ■3位 「スーパージャンボマシンダー 百獣王ゴライオン」(ポピー)3位 「スーパージャンボマシンダー 百獣王ゴライオン」(ポピー)価格:751,000円「スーパージャンボマシンダーは5種展開されており、どれも比較的希少な商品となっています。特にゴライオンは非常に高価で取引されています」■2位 「ジャンボマシンダー タイホウバッハロー」(ポピー)2位 「ジャンボマシンダー タイホウバッハロー」(ポピー)価格:1,267,888円「ジャンボマシンダーシリーズの中でもひときわ希少性の高い商品です。材質はソフビ製で、両肩の大砲内にバネが仕込まれており、ボールを入れて後部レバーを引いて弾くことでボールを発射するギミックが搭載されています」■1位 「UFO戦士ダイアポロン ソフビ」(ブルマァク)1位 「UFO戦士ダイアポロン ソフビ」(ブルマァク)価格:1,333,000円「ブルマァクが制作したダイアポロンの巨大ソフビです。制作された経緯は不明で、店頭用ディスプレイとして制作された非売品でないかとの情報もあり、非常に希少価値の高い逸品です」☆以上、歴代高額「レトロ玩具」ベスト30をご紹介してきたが、ひとつ気をつけなくてはいけないことがある。これらの商品は“状態や汚れによって、買取金額が大きく変わってくる”ということだ。特にレトロ玩具は痛みが激しいものが多いので、自分では見分けがつかない場合は、プロの鑑定士に査定を頼むのが良いだろう。時を経ても、ファンの愛情は色褪せない。いつの時代になっても求める人がいる限り、「レトロ玩具」の価値は高まり続けるだろう。ホビー総合買取の『買取コレクター』https://kaitoricollector.com/監修者:梅垣航一朗(鑑定士)
■8位 「ジャンボマシンダー ゲッター1」(ポピー)
8位 「ジャンボマシンダー ゲッター1」(ポピー)
価格:299,111円
「昭和の人気玩具の代表格、ポピーのジャンボマシンダーよりゲッター1です。腹部のシールは傷みやすく、キレイに現存しているものは非常に価値が高くなります」
■7位 「超金属 鉄人28号」(ポピー)
7位 「超金属 鉄人28号」(ポピー)
価格:304,000円
「前部はすべて鉄板製となっており、マグネットにより着脱ができる仕様です。正太郎や修理ロボを乗せて遊ぶ事ができます」
■6位 「ウルトラマン ソフビ人形(酔っぱらい 赤顔)」(ブルマァク)
6位 「ウルトラマン ソフビ人形(酔っぱらい 赤顔)」(ブルマァク
価格:367,000円
「酔っ払ったような赤い顔が特徴のソフビです。当時のミスによりカラーリングが反転してしまい、極少数だけが市場に出回った非常に希少なエラー品です」
■5位 「ビクトラー VJ-07 ジャックタンク」(ポピー)
5位 「ビクトラー VJ-07 ジャックタンク」(ポピー)
価格:431,500円
「1977年に放映されていた『ジャッカー電撃隊』の当時物の玩具です。ポピニカシリーズでもジャックタンクは発売されていますが、こちらのビクトラーシリーズは同シリーズのフィギュアも搭載することが出来るため、ポピニカシリーズと比べると大きめな作りとなっています」
■4位 「フレッシュケーキのハロー ペコちゃん 首ふりソフビ」
4位 「フレッシュケーキのハロー ペコちゃん 首ふりソフビ」
価格:441,800円
「1960年代のペコちゃん人形に多く見られる『ペコちゃん』の名前入りの右足に、1970年代以降のペコちゃんの特徴である“スリムなシルエットのズボン”を履いた、本商品のデザインは非常に出回りが少なく、かなり希少価値が高い逸品です」
■3位 「スーパージャンボマシンダー 百獣王ゴライオン」(ポピー)3位 「スーパージャンボマシンダー 百獣王ゴライオン」(ポピー)価格:751,000円「スーパージャンボマシンダーは5種展開されており、どれも比較的希少な商品となっています。特にゴライオンは非常に高価で取引されています」■2位 「ジャンボマシンダー タイホウバッハロー」(ポピー)2位 「ジャンボマシンダー タイホウバッハロー」(ポピー)価格:1,267,888円「ジャンボマシンダーシリーズの中でもひときわ希少性の高い商品です。材質はソフビ製で、両肩の大砲内にバネが仕込まれており、ボールを入れて後部レバーを引いて弾くことでボールを発射するギミックが搭載されています」■1位 「UFO戦士ダイアポロン ソフビ」(ブルマァク)1位 「UFO戦士ダイアポロン ソフビ」(ブルマァク)価格:1,333,000円「ブルマァクが制作したダイアポロンの巨大ソフビです。制作された経緯は不明で、店頭用ディスプレイとして制作された非売品でないかとの情報もあり、非常に希少価値の高い逸品です」☆以上、歴代高額「レトロ玩具」ベスト30をご紹介してきたが、ひとつ気をつけなくてはいけないことがある。これらの商品は“状態や汚れによって、買取金額が大きく変わってくる”ということだ。特にレトロ玩具は痛みが激しいものが多いので、自分では見分けがつかない場合は、プロの鑑定士に査定を頼むのが良いだろう。時を経ても、ファンの愛情は色褪せない。いつの時代になっても求める人がいる限り、「レトロ玩具」の価値は高まり続けるだろう。ホビー総合買取の『買取コレクター』https://kaitoricollector.com/監修者:梅垣航一朗(鑑定士)
■3位 「スーパージャンボマシンダー 百獣王ゴライオン」(ポピー)
3位 「スーパージャンボマシンダー 百獣王ゴライオン」(ポピー)
価格:751,000円
「スーパージャンボマシンダーは5種展開されており、どれも比較的希少な商品となっています。特にゴライオンは非常に高価で取引されています」
■2位 「ジャンボマシンダー タイホウバッハロー」(ポピー)
2位 「ジャンボマシンダー タイホウバッハロー」(ポピー)
価格:1,267,888円
「ジャンボマシンダーシリーズの中でもひときわ希少性の高い商品です。材質はソフビ製で、両肩の大砲内にバネが仕込まれており、ボールを入れて後部レバーを引いて弾くことでボールを発射するギミックが搭載されています」
■1位 「UFO戦士ダイアポロン ソフビ」(ブルマァク)
1位 「UFO戦士ダイアポロン ソフビ」(ブルマァク)
価格:1,333,000円
「ブルマァクが制作したダイアポロンの巨大ソフビです。制作された経緯は不明で、店頭用ディスプレイとして制作された非売品でないかとの情報もあり、非常に希少価値の高い逸品です」

以上、歴代高額「レトロ玩具」ベスト30をご紹介してきたが、ひとつ気をつけなくてはいけないことがある。これらの商品は“状態や汚れによって、買取金額が大きく変わってくる”ということだ。特にレトロ玩具は痛みが激しいものが多いので、自分では見分けがつかない場合は、プロの鑑定士に査定を頼むのが良いだろう。
時を経ても、ファンの愛情は色褪せない。いつの時代になっても求める人がいる限り、「レトロ玩具」の価値は高まり続けるだろう。
ホビー総合買取の『買取コレクター』https://kaitoricollector.com/
監修者:梅垣航一朗(鑑定士)