鉄板の切断作業で火花が着衣に引火、文星芸術大学の女子学生死亡

栃木県警宇都宮中央署は30日、宇都宮市上戸祭の文星芸術大学で、3年の西岡洸(たける)さん(21)が22日に重いやけどを負って搬送され、入院先で30日に死亡したと発表した。
発表によると、西岡さんは22日、電動工具を使って鉄板を切断する作業中に、火花が着衣に引火して救急搬送され、病院で治療を受けていた。死因は、やけどに伴う蘇生後脳症だった。
同大学は、漫画家のちばてつやさんが学長を務める美術学部のみの私立大学。総合造形とマンガ、デザインの三つの専攻がある。