あす1日(土)にかけて日本海側を中心に大雪に警戒 猛吹雪による視界不良も

あす1月1日(土)元日にかけて、日本海側や太平洋側の山沿いは大雪に警戒。風が強く、猛吹雪となる所も。太平洋側の平地でも積雪となる恐れがあるため、最新の気象情報と交通情報の確認を。元日は強烈寒波あす1月1日(土)にかけて、日本付近は強い冬型の気圧配置となる見込みです。上空1500メートル付近でマイナス12℃以下の寒気(大雪の目安)が、北海道や東北、北陸、関東甲信の山沿いまで流れ込むでしょう。北海道や東北、北陸は局地的に雪の降り方が強まり、短い時間に降雪量が増加する恐れがあります。大雪に警戒に警戒してください。関東甲信や近畿、山陰の山沿いでも大雪となる所があるでしょう。また、太平洋側の平地にも雪雲が流れ込み、市街地でも雪の積もる所がありそうです。積雪や路面の凍結による交通への影響に注意が必要です。

日本海側を中心に大雪に警戒あす1月1日(土)午前6時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多い所で北陸地方:80センチ関東甲信地方:70センチ東北地方、近畿地方、中国地方:60センチ東海地方:50センチ四国地方:5センチの見込みです。その後、1月2日(日)午前6時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多い所で東北地方、関東甲信地方:20から40センチの見込みです。積雪や路面の凍結による交通障害に警戒し、なだれに注意してください。電線や樹木に雪が着雪し、停電が発生する恐れがありますので、懐中電灯なども用意しておくと安心です。日本海側は猛吹雪 大しけの所もまた、全国的に北または西よりの風が強まるでしょう。1月1日(土)にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、北海道地方:20メートル(35メートル)東北地方:18メートル(30メートル)1月1日(土)にかけて予想される波の高さは、東北地方、北陸地方:6メートルの見込みです。猛吹雪や吹きだまりによる交通障害、高波に警戒してください。車の運転は万全の注意を 足元にも注意あす1月1日(土)の元日は、日本海側や太平洋側の山沿いで大雪となる恐れがあります。もし、雪道で立ち往生してしまった場合は、一酸化炭素中毒に注意が必要です。車が雪に埋まったときは、原則、エンジンを切りましょう。マフラーが雪に埋まると排気ガスが車内に逆流し、一酸化炭素中毒を起こすおそれがあります。窓を開けて換気しても、窓の開口量や風向きなどの条件によっては、一酸化炭素中毒の危険が高まることがあります。防寒などでやむを得ずエンジンをかけるときは、マフラーが雪に埋まらないように、こまめにマフラーのまわりを除雪してください。雪道を運転する場合は、万が一に備えて、除雪用のスコップや防寒着、毛布などを車内に用意しておくとよいでしょう。また、太平洋側の平地でも積雪となり、交通機関に影響の出る可能性があります。車の運転は、冬用タイヤに変えたり、チェーンをつけたりするなど、冬装備を万全にして、いつも以上に慎重な運転を心がけてください。また、初詣などにお出かけの際は、足元に十分ご注意ください。
あす1月1日(土)元日にかけて、日本海側や太平洋側の山沿いは大雪に警戒。風が強く、猛吹雪となる所も。太平洋側の平地でも積雪となる恐れがあるため、最新の気象情報と交通情報の確認を。
元日は強烈寒波
あす1月1日(土)にかけて、日本付近は強い冬型の気圧配置となる見込みです。上空1500メートル付近でマイナス12℃以下の寒気(大雪の目安)が、北海道や東北、北陸、関東甲信の山沿いまで流れ込むでしょう。北海道や東北、北陸は局地的に雪の降り方が強まり、短い時間に降雪量が増加する恐れがあります。大雪に警戒に警戒してください。関東甲信や近畿、山陰の山沿いでも大雪となる所があるでしょう。また、太平洋側の平地にも雪雲が流れ込み、市街地でも雪の積もる所がありそうです。積雪や路面の凍結による交通への影響に注意が必要です。

日本海側を中心に大雪に警戒あす1月1日(土)午前6時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多い所で北陸地方:80センチ関東甲信地方:70センチ東北地方、近畿地方、中国地方:60センチ東海地方:50センチ四国地方:5センチの見込みです。その後、1月2日(日)午前6時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多い所で東北地方、関東甲信地方:20から40センチの見込みです。積雪や路面の凍結による交通障害に警戒し、なだれに注意してください。電線や樹木に雪が着雪し、停電が発生する恐れがありますので、懐中電灯なども用意しておくと安心です。日本海側は猛吹雪 大しけの所もまた、全国的に北または西よりの風が強まるでしょう。1月1日(土)にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、北海道地方:20メートル(35メートル)東北地方:18メートル(30メートル)1月1日(土)にかけて予想される波の高さは、東北地方、北陸地方:6メートルの見込みです。猛吹雪や吹きだまりによる交通障害、高波に警戒してください。車の運転は万全の注意を 足元にも注意あす1月1日(土)の元日は、日本海側や太平洋側の山沿いで大雪となる恐れがあります。もし、雪道で立ち往生してしまった場合は、一酸化炭素中毒に注意が必要です。車が雪に埋まったときは、原則、エンジンを切りましょう。マフラーが雪に埋まると排気ガスが車内に逆流し、一酸化炭素中毒を起こすおそれがあります。窓を開けて換気しても、窓の開口量や風向きなどの条件によっては、一酸化炭素中毒の危険が高まることがあります。防寒などでやむを得ずエンジンをかけるときは、マフラーが雪に埋まらないように、こまめにマフラーのまわりを除雪してください。雪道を運転する場合は、万が一に備えて、除雪用のスコップや防寒着、毛布などを車内に用意しておくとよいでしょう。また、太平洋側の平地でも積雪となり、交通機関に影響の出る可能性があります。車の運転は、冬用タイヤに変えたり、チェーンをつけたりするなど、冬装備を万全にして、いつも以上に慎重な運転を心がけてください。また、初詣などにお出かけの際は、足元に十分ご注意ください。
あす1月1日(土)にかけて、日本付近は強い冬型の気圧配置となる見込みです。上空1500メートル付近でマイナス12℃以下の寒気(大雪の目安)が、北海道や東北、北陸、関東甲信の山沿いまで流れ込むでしょう。北海道や東北、北陸は局地的に雪の降り方が強まり、短い時間に降雪量が増加する恐れがあります。大雪に警戒に警戒してください。関東甲信や近畿、山陰の山沿いでも大雪となる所があるでしょう。また、太平洋側の平地にも雪雲が流れ込み、市街地でも雪の積もる所がありそうです。積雪や路面の凍結による交通への影響に注意が必要です。
日本海側を中心に大雪に警戒
あす1月1日(土)午前6時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多い所で北陸地方:80センチ関東甲信地方:70センチ東北地方、近畿地方、中国地方:60センチ東海地方:50センチ四国地方:5センチの見込みです。その後、1月2日(日)午前6時までの24時間に予想される降雪量は、いずれも多い所で東北地方、関東甲信地方:20から40センチの見込みです。積雪や路面の凍結による交通障害に警戒し、なだれに注意してください。電線や樹木に雪が着雪し、停電が発生する恐れがありますので、懐中電灯なども用意しておくと安心です。
日本海側は猛吹雪 大しけの所も
また、全国的に北または西よりの風が強まるでしょう。1月1日(土)にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は、北海道地方:20メートル(35メートル)東北地方:18メートル(30メートル)1月1日(土)にかけて予想される波の高さは、東北地方、北陸地方:6メートルの見込みです。猛吹雪や吹きだまりによる交通障害、高波に警戒してください。
車の運転は万全の注意を 足元にも注意
あす1月1日(土)の元日は、日本海側や太平洋側の山沿いで大雪となる恐れがあります。もし、雪道で立ち往生してしまった場合は、一酸化炭素中毒に注意が必要です。車が雪に埋まったときは、原則、エンジンを切りましょう。マフラーが雪に埋まると排気ガスが車内に逆流し、一酸化炭素中毒を起こすおそれがあります。窓を開けて換気しても、窓の開口量や風向きなどの条件によっては、一酸化炭素中毒の危険が高まることがあります。防寒などでやむを得ずエンジンをかけるときは、マフラーが雪に埋まらないように、こまめにマフラーのまわりを除雪してください。雪道を運転する場合は、万が一に備えて、除雪用のスコップや防寒着、毛布などを車内に用意しておくとよいでしょう。また、太平洋側の平地でも積雪となり、交通機関に影響の出る可能性があります。車の運転は、冬用タイヤに変えたり、チェーンをつけたりするなど、冬装備を万全にして、いつも以上に慎重な運転を心がけてください。また、初詣などにお出かけの際は、足元に十分ご注意ください。
あす1月1日(土)の元日は、日本海側や太平洋側の山沿いで大雪となる恐れがあります。もし、雪道で立ち往生してしまった場合は、一酸化炭素中毒に注意が必要です。車が雪に埋まったときは、原則、エンジンを切りましょう。マフラーが雪に埋まると排気ガスが車内に逆流し、一酸化炭素中毒を起こすおそれがあります。窓を開けて換気しても、窓の開口量や風向きなどの条件によっては、一酸化炭素中毒の危険が高まることがあります。防寒などでやむを得ずエンジンをかけるときは、マフラーが雪に埋まらないように、こまめにマフラーのまわりを除雪してください。雪道を運転する場合は、万が一に備えて、除雪用のスコップや防寒着、毛布などを車内に用意しておくとよいでしょう。また、太平洋側の平地でも積雪となり、交通機関に影響の出る可能性があります。車の運転は、冬用タイヤに変えたり、チェーンをつけたりするなど、冬装備を万全にして、いつも以上に慎重な運転を心がけてください。また、初詣などにお出かけの際は、足元に十分ご注意ください。