年収3000万円の不倫開業医が青ざめた…妻と娘が下した「ヤバすぎる天罰」とは 数千万円のフェラーリが、まさか…

山村佳子さんが代表を務めるリッツ横浜探偵社には、様々な悩みを抱えた依頼者が訪れる。そんな山村さんのもとに、夫のモラハラと不倫に悩む女性相談者・秋山真紀さん(39歳・仮名、以下同)が現れた。真紀さんが暴露した開業医の夫のモラハラぶりは、【前編】『タワマン住み39歳主婦が絶句した…開業医のモラハラ不倫夫から出た衝撃の発言』で紹介した通りだ。
【依頼者の家族構成】秋山浩二(45歳) 開業医、年収は約3000万円秋山真紀(39歳) 専業主婦、今回の相談者秋山詩織(17歳) 高校2年生の娘
調査を開始してから最初の日曜日、浩二さんは早速愛人らしき女性と接触した。愛車のポルシェで出かけた浩二さんは、銀座でお相手の女性を拾ってランチ。浮気相手は背の高いモデル体型の女性で、ルーズにまとめてアップにした髪が色気を倍増させていた。
その後はスーパーカーの展示即売イベントに行き、フェラーリのディーラーらしき人物と3人で談笑。愛人が真っ赤なフェラーリに熱い視線を注いでいるのが気になった。その日は特にホテルなどには行かず解散し、浩二さんは妻子が待つタワマンへ帰宅した。
Photo by iStock
何度目かの休日での追跡調査で、大きな動きがあった。今回はBMWに乗った浩二さんは、自宅のタワマンから少し離れた月極駐車場に車を停めて、乗り換えた。そこにあったのは、あのときと同じ型の赤いフェラーリだった。そのまま首都高速へと向かった浩二さんは、マナーの悪い煽り運転で高速道路の車線を左右に移動し次々と前の車を追い抜いていく。フェラーリのスピードについていけず、我々は途中で浩二さんを見失ってしまった。この日の調査内容を真紀さんに報告すると、どうやら思い当たる高額の引き落としがあったらしい。愛人とデートするためのフェラーリに使われたと知った真紀さんは唖然として声も出せず、同席していた詩織さんは「そのフェラーリをボコボコにしてやる!」と激怒していた。私たちはフェラーリを追跡できるようにスポーツタイプのバイクを用意し、別日に再度浩二さんの行動を調査した。前回と同じようにフェラーリに乗り換えた浩二さんは、銀座で愛人と高級ランチを楽しみ、エンジンの音を誇らしげに響かせながら高速に乗って移動。湾岸線を疾走してベイブリッジを越え横浜方面へと向かい、有名な高級ホテルの地下駐車場に入った。Photo by iStock 我々も駐車場に入り、フェラーリが見える位置で張り込む。浩二さんと愛人は車から降りて、ホテルへと入っていった。詩織さんからは、「ホテルから出てくるパパを捕まえたいから、その時は連絡してほしい」という要望を聞いていた。本来であれば、相手の不貞を証明できる証拠を十分にそろえてから突撃することをお勧めしているが、真紀さんと2人で「どうしても不倫の現場を捕まえたい」と言うので、電話でホテルの名前を伝えた。「駐車場に停まっているフェラーリは、その1台だけですよね?」真紀さんに確認されたとき嫌な予感がしたが、場内をチェックして「そうです」と答えた。予想は的中した。数十分後、どこからともなく金属バットを持った真紀さんと詩織さんが現れ、浩二さんのフェラーリを破壊し始めた。学校からそのまま来たのか、詩織さんは高校の制服を着ている。Photo by iStock 慌ててホテルのスタッフが出てきて制止するが、真紀さんは「家族の車なので大丈夫ですから!」と鬼のような形相で事情を説明する。詩織さんは、サイドミラーめがけて綺麗なフォームでフルスイングしていた。ホテルスタッフから連絡を受けて駐車場へ降りてきた浩二さんが止めに入り、ようやく母と娘は落ち着いた。浩二さんはボコボコのフェラーリを見て呆然としていたが、すぐに妻と娘に対して「何てことしてくれたんだ! 俺の稼ぎで食わせてやったのを忘れたのか!?」と怒鳴り始めた。しかし詩織さんが応戦するように金属バットを振り上げると、情けなく逃げていった。見るも無残な姿になったフェラーリはレッカーされていき、その後廃車になったという。その後、真紀さんは浩二さんと正式に離婚し、多額の慰謝料をもらって詩織さんと2人で暮らし始めた。「夫はこんなことじゃ懲りないだろうけれど、おかげさまで気が晴れました」と、爽やかな顔で感謝された。 「どこから伝わったのか、もうあのタワマンでフェラーリの一件が噂になっています。夫はまだ住み続けていますが、『不倫した挙句、奥さんと娘に高級車を台無しにされたらしいわよ』って噂されて居心地は悪いみたいですね。私はもうタワマンの人間関係は懲り懲りなので、次は小さなテラスハウスにでも引っ越したいです」と話していた。「三つ子の魂百まで」と言うが、若い時に派手に遊んでいると結婚してからもその習慣が忘れられず、つい羽目を外してしまう人も多い。もし恋人や配偶者に不審な点を感じたら、専門家の手を借りてでも、真実をしっかり見定める必要があるだろう。※登場された方のプライバシーに配慮し、実際の事例を一部変更、再構成しています。
何度目かの休日での追跡調査で、大きな動きがあった。今回はBMWに乗った浩二さんは、自宅のタワマンから少し離れた月極駐車場に車を停めて、乗り換えた。そこにあったのは、あのときと同じ型の赤いフェラーリだった。
そのまま首都高速へと向かった浩二さんは、マナーの悪い煽り運転で高速道路の車線を左右に移動し次々と前の車を追い抜いていく。フェラーリのスピードについていけず、我々は途中で浩二さんを見失ってしまった。
この日の調査内容を真紀さんに報告すると、どうやら思い当たる高額の引き落としがあったらしい。愛人とデートするためのフェラーリに使われたと知った真紀さんは唖然として声も出せず、同席していた詩織さんは「そのフェラーリをボコボコにしてやる!」と激怒していた。
私たちはフェラーリを追跡できるようにスポーツタイプのバイクを用意し、別日に再度浩二さんの行動を調査した。前回と同じようにフェラーリに乗り換えた浩二さんは、銀座で愛人と高級ランチを楽しみ、エンジンの音を誇らしげに響かせながら高速に乗って移動。湾岸線を疾走してベイブリッジを越え横浜方面へと向かい、有名な高級ホテルの地下駐車場に入った。
Photo by iStock
我々も駐車場に入り、フェラーリが見える位置で張り込む。浩二さんと愛人は車から降りて、ホテルへと入っていった。詩織さんからは、「ホテルから出てくるパパを捕まえたいから、その時は連絡してほしい」という要望を聞いていた。本来であれば、相手の不貞を証明できる証拠を十分にそろえてから突撃することをお勧めしているが、真紀さんと2人で「どうしても不倫の現場を捕まえたい」と言うので、電話でホテルの名前を伝えた。「駐車場に停まっているフェラーリは、その1台だけですよね?」真紀さんに確認されたとき嫌な予感がしたが、場内をチェックして「そうです」と答えた。予想は的中した。数十分後、どこからともなく金属バットを持った真紀さんと詩織さんが現れ、浩二さんのフェラーリを破壊し始めた。学校からそのまま来たのか、詩織さんは高校の制服を着ている。Photo by iStock 慌ててホテルのスタッフが出てきて制止するが、真紀さんは「家族の車なので大丈夫ですから!」と鬼のような形相で事情を説明する。詩織さんは、サイドミラーめがけて綺麗なフォームでフルスイングしていた。ホテルスタッフから連絡を受けて駐車場へ降りてきた浩二さんが止めに入り、ようやく母と娘は落ち着いた。浩二さんはボコボコのフェラーリを見て呆然としていたが、すぐに妻と娘に対して「何てことしてくれたんだ! 俺の稼ぎで食わせてやったのを忘れたのか!?」と怒鳴り始めた。しかし詩織さんが応戦するように金属バットを振り上げると、情けなく逃げていった。見るも無残な姿になったフェラーリはレッカーされていき、その後廃車になったという。その後、真紀さんは浩二さんと正式に離婚し、多額の慰謝料をもらって詩織さんと2人で暮らし始めた。「夫はこんなことじゃ懲りないだろうけれど、おかげさまで気が晴れました」と、爽やかな顔で感謝された。 「どこから伝わったのか、もうあのタワマンでフェラーリの一件が噂になっています。夫はまだ住み続けていますが、『不倫した挙句、奥さんと娘に高級車を台無しにされたらしいわよ』って噂されて居心地は悪いみたいですね。私はもうタワマンの人間関係は懲り懲りなので、次は小さなテラスハウスにでも引っ越したいです」と話していた。「三つ子の魂百まで」と言うが、若い時に派手に遊んでいると結婚してからもその習慣が忘れられず、つい羽目を外してしまう人も多い。もし恋人や配偶者に不審な点を感じたら、専門家の手を借りてでも、真実をしっかり見定める必要があるだろう。※登場された方のプライバシーに配慮し、実際の事例を一部変更、再構成しています。
我々も駐車場に入り、フェラーリが見える位置で張り込む。浩二さんと愛人は車から降りて、ホテルへと入っていった。
詩織さんからは、「ホテルから出てくるパパを捕まえたいから、その時は連絡してほしい」という要望を聞いていた。本来であれば、相手の不貞を証明できる証拠を十分にそろえてから突撃することをお勧めしているが、真紀さんと2人で「どうしても不倫の現場を捕まえたい」と言うので、電話でホテルの名前を伝えた。
「駐車場に停まっているフェラーリは、その1台だけですよね?」
真紀さんに確認されたとき嫌な予感がしたが、場内をチェックして「そうです」と答えた。
予想は的中した。数十分後、どこからともなく金属バットを持った真紀さんと詩織さんが現れ、浩二さんのフェラーリを破壊し始めた。学校からそのまま来たのか、詩織さんは高校の制服を着ている。
Photo by iStock
慌ててホテルのスタッフが出てきて制止するが、真紀さんは「家族の車なので大丈夫ですから!」と鬼のような形相で事情を説明する。詩織さんは、サイドミラーめがけて綺麗なフォームでフルスイングしていた。ホテルスタッフから連絡を受けて駐車場へ降りてきた浩二さんが止めに入り、ようやく母と娘は落ち着いた。浩二さんはボコボコのフェラーリを見て呆然としていたが、すぐに妻と娘に対して「何てことしてくれたんだ! 俺の稼ぎで食わせてやったのを忘れたのか!?」と怒鳴り始めた。しかし詩織さんが応戦するように金属バットを振り上げると、情けなく逃げていった。見るも無残な姿になったフェラーリはレッカーされていき、その後廃車になったという。その後、真紀さんは浩二さんと正式に離婚し、多額の慰謝料をもらって詩織さんと2人で暮らし始めた。「夫はこんなことじゃ懲りないだろうけれど、おかげさまで気が晴れました」と、爽やかな顔で感謝された。 「どこから伝わったのか、もうあのタワマンでフェラーリの一件が噂になっています。夫はまだ住み続けていますが、『不倫した挙句、奥さんと娘に高級車を台無しにされたらしいわよ』って噂されて居心地は悪いみたいですね。私はもうタワマンの人間関係は懲り懲りなので、次は小さなテラスハウスにでも引っ越したいです」と話していた。「三つ子の魂百まで」と言うが、若い時に派手に遊んでいると結婚してからもその習慣が忘れられず、つい羽目を外してしまう人も多い。もし恋人や配偶者に不審な点を感じたら、専門家の手を借りてでも、真実をしっかり見定める必要があるだろう。※登場された方のプライバシーに配慮し、実際の事例を一部変更、再構成しています。
慌ててホテルのスタッフが出てきて制止するが、真紀さんは「家族の車なので大丈夫ですから!」と鬼のような形相で事情を説明する。詩織さんは、サイドミラーめがけて綺麗なフォームでフルスイングしていた。ホテルスタッフから連絡を受けて駐車場へ降りてきた浩二さんが止めに入り、ようやく母と娘は落ち着いた。
浩二さんはボコボコのフェラーリを見て呆然としていたが、すぐに妻と娘に対して
「何てことしてくれたんだ! 俺の稼ぎで食わせてやったのを忘れたのか!?」
と怒鳴り始めた。しかし詩織さんが応戦するように金属バットを振り上げると、情けなく逃げていった。見るも無残な姿になったフェラーリはレッカーされていき、その後廃車になったという。
その後、真紀さんは浩二さんと正式に離婚し、多額の慰謝料をもらって詩織さんと2人で暮らし始めた。
「夫はこんなことじゃ懲りないだろうけれど、おかげさまで気が晴れました」
と、爽やかな顔で感謝された。
「どこから伝わったのか、もうあのタワマンでフェラーリの一件が噂になっています。夫はまだ住み続けていますが、『不倫した挙句、奥さんと娘に高級車を台無しにされたらしいわよ』って噂されて居心地は悪いみたいですね。私はもうタワマンの人間関係は懲り懲りなので、次は小さなテラスハウスにでも引っ越したいです」と話していた。「三つ子の魂百まで」と言うが、若い時に派手に遊んでいると結婚してからもその習慣が忘れられず、つい羽目を外してしまう人も多い。もし恋人や配偶者に不審な点を感じたら、専門家の手を借りてでも、真実をしっかり見定める必要があるだろう。※登場された方のプライバシーに配慮し、実際の事例を一部変更、再構成しています。
「どこから伝わったのか、もうあのタワマンでフェラーリの一件が噂になっています。夫はまだ住み続けていますが、『不倫した挙句、奥さんと娘に高級車を台無しにされたらしいわよ』って噂されて居心地は悪いみたいですね。私はもうタワマンの人間関係は懲り懲りなので、次は小さなテラスハウスにでも引っ越したいです」
と話していた。
「三つ子の魂百まで」と言うが、若い時に派手に遊んでいると結婚してからもその習慣が忘れられず、つい羽目を外してしまう人も多い。もし恋人や配偶者に不審な点を感じたら、専門家の手を借りてでも、真実をしっかり見定める必要があるだろう。
※登場された方のプライバシーに配慮し、実際の事例を一部変更、再構成しています。