橋から落とされ21歳死亡 傷害致死容疑で友人逮捕 愛知・岡崎

友人を橋から約7メートル下の河川敷に転落死させたとして、愛知県警岡崎署は1日、同県岡崎市上地1の自称会社員、水野智哉容疑者(22)を傷害致死の疑いで逮捕した。「お酒をたくさん飲んでいて細かいことは覚えていません」と容疑を否認しているという。
大阪ビル放火、容疑者が死亡 真相究明困難に 逮捕容疑は12月31日午後11時50分ごろ、同市明大寺町の乙川に架かる殿橋の欄干上を歩いていた同市大西町の無職、林透太さん(21)の体を押し、河川敷に落下させ、死亡させたとしている。林さんは搬送先の病院でまもなく亡くなった。頭や胸などを強く打ったためとみられる。水野容疑者と林さんは高校時代の友人。大みそかの夜、地元の友人と飲酒し、初詣をするために岡崎城に向かう途中だったという。【高井瞳】
逮捕容疑は12月31日午後11時50分ごろ、同市明大寺町の乙川に架かる殿橋の欄干上を歩いていた同市大西町の無職、林透太さん(21)の体を押し、河川敷に落下させ、死亡させたとしている。林さんは搬送先の病院でまもなく亡くなった。頭や胸などを強く打ったためとみられる。水野容疑者と林さんは高校時代の友人。大みそかの夜、地元の友人と飲酒し、初詣をするために岡崎城に向かう途中だったという。【高井瞳】