雪道でタクシーを押していた乗客 タクシーにバックではねられ意識不明の重体

登別市新生町の市道で31日午後7時半ごろ、雪道で動けなくなったタクシーが、脱出作業中に男性をはねる事故がありました。
この事故で、タクシーにはねられた60代の男性が意識不明の重体です。
警察によりますと、はねられたのはタクシーの乗客で、乗車中に車が雪道でスリップして動けなくなったため、降りて後ろから車を押していたところ、タクシーがいきなりバックしてはねられたということです。
警察は過失運転致傷の疑いでタクシーを運転していた74歳の男を現行犯逮捕し、当時の状況などを詳しく調べています。