社会人10年目「転職すべき人」とそうでない人の差

キャリアビジョンが見えない、転職すべきか迷っている……社会人10年目のキャリアの悩みを乗り越える方法(写真:akeuchi masato/PIXTA)
「10年働いたのに、誇れる仕事が何もない」「今の会社に留まるべきか、転職するか迷う」「マネジメントをしようにも、価値観の違うメンバーに困惑する」など、社会人10年目くらいの中堅社員には、経験を積んできたからこそぶつかる、新しい壁があります。
『社会人10年目の壁を乗り越える仕事のコツ』では、大企業やスタートアップ、日系企業や外資系企業など、様々な環境に身を置いた人材育成の専門家が、より良いキャリアを築くために大切にしたい「考え方」と「行動」のヒントを紹介しています。
本稿では同書より一部を抜粋しお届けします。
「自分の最期」を想像するとビジョンが見えてくる。
自分がキャリアを通じて、何をしたいのかがわからない。
そんな悩みを持つ人も多いですね。あるメガベンチャーの経営者はこれをビジョン無い症候群と呼んでいました。言いえて妙ですね。世の中で一般に「キャリアビジョンを持たなければならない」と言われるから、ついそれに流されて「ビジョンが無いことそのものを悩んでいる症状」と整理しているわけです。
キャリアビジョンは、無いよりはあったほうがよいです。ビジョンとは目標です。目指すところがあるほうがそちらに向かいやすいですよね。
しかし、無くても悩む必要はありません。
あの孔子様ですら、15歳で学問を志してからも、40歳まで惑いつづけ、50歳でやっと天命を知ったそうです。2500年前の中国の平均寿命は知りませんが、現代だったら何歳でしょうか。キャリアビジョンが無いからといって、焦らなくてもいいのです。探すことを諦めなければ。
ただ、漠然とでも少しずつビジョンが見えてきたほうが、正しい努力にもつながるのも事実。そんなときに「おそらくこっちの方面がやりたいことだ」と気づくことができる方法を2つご紹介します。
1つ目が、「自分の葬儀の弔辞」シミュレーションです。これは、私がMBAコースに通っていたときに実際にやってみたシミュレーションです。具体的には、何十年後かの自分自身の葬式で、「誰が」「どんな内容で」弔辞を読んでくれるかを想像して実際にその弔辞を作ってみる、というものです。
私は長男に読んでほしい弔辞を作ったのですが、書いているうちに自分が漠然と持っていた「世間にこう見られたい」とか「こんなふうに人に記憶されたい」という思いが具体的になったのを覚えています。
もう1つが、2005年のスタンフォード大学卒業式でスティーブ・ジョブズが行ったスピーチの一節にある「人生最後の日だとしたら、今日やる予定のことを私は本当にやりたいだろうか?」というシミュレーションです。「人生の最晩年だったとして、これをやり続けるか?」といった読み替えでもいいです。転職を考えるときなどは、とくに有効なシミュレーションです。
この先のキャリアが長いと思うから、「まあ、いっか」と思ってしまうわけです。実際に長いので焦りすぎることはないのですが、あえて想定してみましょう。
最晩年に「いつ終わるかわからない日本語化を待って、売れない外国製ソフトウェアを売り続けるか?」とか「志もインテリジェンスも、品すらもない形式上の上司の下で、自分の貴重な時間を使い続けるか」と考えると、すんなり「あ、それは嫌だな」という結論に至るものです。
今ご紹介した2つの方法、知っている人はご存じだと思います。
この書籍を手に取ってくれるような、志の高い人たちです。「あー、知ってる知ってる。あの有名なやつでしょ?」と思った人は多いのではないでしょうか。そして残念ながら多くの人は、そこで終わります。
日本のビジネス界の問題はここにあると思っています。インテリジェンスはあるのに一歩踏み出さない。ポテンシャルがあるのに、何らかの理由で発揮できない。
秘密兵器も秘密で終わったら存在しなかったことになります。
一度、筆をとってシミュレーションしてみてください。その瞬間が、あなたのキャリアの大きな分かれ道かもしれません。
悩み2:専門職か、ジェネラリスト。どちらに進めばいいか迷っている
二者択一ではありません。
ジェネラリストとしてキャリアを積むか、何かのスペシャリストとしてキャリアを積むか。この問いに対して、人生の岐路のように悩む声を聞くこともあります。それぞれ一長一短があり、確かに悩みどころです。
何かのスペシャリストとしてキャリアを積むと、「エッジが立っている」という評価を受け、その領域で世界を広げていくことが可能です。
一方、時代の変化が加速している今、専門知識を身につけてもすぐに陳腐化するのも事実。ジェネラリストとしてキャリアを積んでいるほうが「潰しが効く」という表現をすることもあります。
ただし、そんな「潰しが効く」ジェネラリストたちは、「大いなる素人」という誹りを受けたりもするわけです。「なんでもある程度できます」は「何も十分にはできません」の裏返しです。会社から重宝されているように見えて、最後のところで登用されない、という「器用貧乏」に終わる可能性も秘めています。
じゃあ、どうすればいいのか。考え方のヒントは2つあります。
1つは「ジェネラリストはマネジメント・リーダーシップのスペシャリスト」という解釈をする方法です。
日本の伝統的な組織においては、すべての新入社員をジェネラリストを意図する「総合職」と呼び、定期異動を繰り返してふるいにかけ、将来の幹部を育成していきます。ものすごく広い視野と社内ネットワークを備えた、組織ロイヤリティーの高い幹部はこうして育成されてきました。
一方で、多大な犠牲も払っています。全員を幹部育成に向けたことから、その道を極めるスペシャリストの芽を摘んできたかもしれません。また、外部から新しい人材を受け入れる機会も想定しませんでした。それが、今の日本企業の弱点になっていることに気づいている人は多いはずです。
すべての人材はスペシャリストを目指す。その選択肢の1つにマネジメントやリーダーシップのスペシャリストがある、という解釈をしてみてはいかがでしょうか。
そして、2つ目の考え方は、時間軸を加えてみるということです。
キャリアは同時に1つしか叶えられないと思うから、どちらかを選ばなければならないわけです。ご存じのとおり、今は人生100年時代です。私の祖父の時代は55歳定年制の時代でした。大学進学率も今とは比べようもなく低く、平均寿命も短かった時代ですから、あたりまえのように定年も今よりは早く到来しました。仮に大学院を出たら30年も働くと強制退場させられるわけです。
しかし今は、定年も65歳。そして会社勤め以外の選択肢もたくさんあります。いわばキャリア自体が50年。そう考えると、あえて今、ジェネラリストかスペシャリストかの選択を迫られている、と考える必要はありません。今はスペシャリストを選ぶけれど5年ごとにでも見直して、次のタイミングがあればジェネラリストをやってみる。何か別の専門性を選択して、最終的にはジェネラリストを目指す。というキャリアプランを立てるのでも、まったく問題はありませんよね。
かく言う私も、今はスタートアップの取締役ということでザ・ジェネラリストの仕事に1日の時間の多くを使っていますが、HRのスペシャリストという看板も下ろしていません。時期ごとに優先順位を変えながら、全体でレベルアップを図っています。そして生涯現役を目指しているのです。
今が1社目なら、出てみましょう。
今の会社に留まるべきか、出て他社で新たなキャリアを歩むべきか。
この悩みを抱える人は多いでしょう。ただし、理由はさまざまだと思います。
今の上司とそりが合わない、仕事が合わない、お金がない、勤務地を変えたい、組織文化が合わないといった、現状に問題を抱えるケース。
これがやりたい、あの会社で働きたい、あの地域に住みたい……といった積極的な変化を望むケース。
それぞれの現状や、目指す姿などによっても答えは変わります。
まず、もし社会人10年目前後で、まだ1社目の会社に所属している場合。
とくにその所属会社が日本本社の会社で、20世紀から続くような伝統的な企業である場合。迷っているのであれば、すぐに転職活動をしてみたらよいでしょう。
一説には会社の平均寿命は30年とも言われています。あなたが所属している会社は、早晩存在意義の見直しが必要になります。もしかしたらすでに使命を終えて、流れで継続しているだけの状態かもしれません。
また、現実的には最初の転職の年齢が高ければ高いほど、変化への対応は難しくなります。どのようなことでも、初めての経験は不安があるもの。体力や、変化への順応性、ライフステージの進展に起因する身軽さも、一般論として年齢とともにリスクが高まるものです。
しかし1度経験しておけば2度目や3度目の転職の年齢がいくつであっても、経験済みのものは対応へのハードルが一気に下がります。
安易な転職を勧めている訳ではありません。15年もの長きにわたりIBMで勤めたように、私自身は組織に長く勤めることには肯定的な考えを持っています。
長期間の勤務によって見えてくるものや積みあがる成果が多いのは事実です。継続的に1つのスキル領域を極めたり、同じ顧客を担当してともに成長したり、勝手知ったるメンバーとともに強いチームを作り上げたり。そんな経験から生まれる強みは、数多あります。何より、もしつらいときや厳しい状況に陥って現状から逃げたくなっても、頭の選択肢の中で「組織から出ていく」の順位を排除する、もしくは圧倒的に優先順位を下げておけば、ギリギリまで「逃げずに解決しよう」という意思や努力が生まれてくるものです。私自身も、20代のジョブホッパー経験からの学びがあり、30代はIBM一社で過ごすと強く決意して、30代の間は極力、転職というオプションを自分の選択肢から排除しました。結果的にそこで培った力やネットワークは、現在も生きています。そんな経験から、あなたがもし、2社目、3社目の会社に所属している立場で「今の会社に留まるべきか出るべきか」という迷いがあるとすれば、私は一義的には「いったん留まるべき」と助言します。留まって、現状の打破に向けてできうる工夫を重ねることをおすすめします。ただし、あなたの信念にそむく行いを強要されたり、明らかなパワハラやセクハラ、ブラックな環境下にあると思われる場合は、話は別です。すぐに助けを求めましょう。
長期間の勤務によって見えてくるものや積みあがる成果が多いのは事実です。継続的に1つのスキル領域を極めたり、同じ顧客を担当してともに成長したり、勝手知ったるメンバーとともに強いチームを作り上げたり。そんな経験から生まれる強みは、数多あります。
何より、もしつらいときや厳しい状況に陥って現状から逃げたくなっても、頭の選択肢の中で「組織から出ていく」の順位を排除する、もしくは圧倒的に優先順位を下げておけば、ギリギリまで「逃げずに解決しよう」という意思や努力が生まれてくるものです。
私自身も、20代のジョブホッパー経験からの学びがあり、30代はIBM一社で過ごすと強く決意して、30代の間は極力、転職というオプションを自分の選択肢から排除しました。結果的にそこで培った力やネットワークは、現在も生きています。
そんな経験から、あなたがもし、2社目、3社目の会社に所属している立場で「今の会社に留まるべきか出るべきか」という迷いがあるとすれば、私は一義的には「いったん留まるべき」と助言します。
留まって、現状の打破に向けてできうる工夫を重ねることをおすすめします。
ただし、あなたの信念にそむく行いを強要されたり、明らかなパワハラやセクハラ、ブラックな環境下にあると思われる場合は、話は別です。すぐに助けを求めましょう。