さいたま地検表札に赤い塗料=出入り口ガラスが割られる

4日午前7時15分ごろ、さいたま市浦和区高砂のさいたま地検の職員から「入り口の看板に赤いペンキが掛けられ、ガラスが割られている」と埼玉県警浦和署に通報があった。
同署は建造物損壊の疑いがあるとみて捜査している。
浦和署によると、地検などが入る庁舎の正面出入り口と門扉にある「さいたま地検」などと書かれた表札計2枚にペンキのような塗料が掛けられていた。また、出入り口付近のガラスが割られていた。