岡山・小3女児殺害事件 被告に無期懲役判決 岡山地裁

岡山県津山市で2004年、小学3年の女児(当時9)が殺害された事件で、殺人などの罪に問われた無職勝田州彦(くにひこ)被告(43)の裁判員裁判の判決が6日、岡山地裁であった。
倉成章裁判長は、求刑通り無期懲役を言い渡した。
事件は04年9月3日に起きた。女児が胸や腹を刺されて自宅で倒れているのを家族が見つけ、死亡が確認された。県警は約14年後の18年5月、勝田被告を殺人容疑で逮捕。岡山地検は、殺人と強制わいせつ致死、住居侵入の罪で起訴した。
被告は逮捕された直後、取り調べに殺害を自白したが、否認に転じた。被告と事件を結びつける直接的な証拠が乏しい中、捜査段階の自白が信用できるかが主な争点となった。
検察側は、自白した際の取り調べ映像を文字に起こした「反訳書」を法廷で朗読。誘導を受けずに供述しているうえ、客観的な状況とも整合しており、自白は信用できると主張した。
一方、弁護側は、取り調べで答えた内容はテレビ番組などで知った情報に過ぎず、犯人しか知り得ない「秘密の暴露」は含まれていないと反論。自白は信用できないとして、無罪を訴えていた。(高橋孝二)