続く喉の渇き、手指のしびれ… 放っておくと危ない「重病サイン」の数々

身体にちょっとした不調、そのわずかな異変があなたの命を左右するかもしれない。放置してはいけない身体の“SOSサイン”を解説していく。
【一覧】片方のまぶたが下がる(くも膜下出血)、左肩が急に痛む(心筋梗塞)…他、放っておくと危ない「重病のサイン」 俳優・歌手として活動するブラザートムさん(65)は、50歳だった2006年4月、心筋梗塞で緊急入院した。発症前、身体にはこんな“兆候”があったという。「酒を飲んでもぜんっぜん酔わなくなって『変だなー』と思っていたら、急に肩がめちゃくちゃこり始めたんです。続けて歯、目、頭、顎とあちこちが痛み、鎮痛剤で誤魔化していました。

 それから半年くらい経ったある日、朝まで飲んで家に帰ろうとした時、歩いていて突然動けなくなった。落とした袋を拾おうとしても、手がしびれてどうしようもない。しかも胸にまで鋭い痛みが出て、体がぎゅっと前に丸まって動けなくなっちゃったんです。5分くらい痛みとしびれで呆然として、立ち尽くしていました」 その翌日、受診した近所の病院から都内の大学病院に緊急搬送され、「心筋梗塞」の診断を受けた。2週間の入院、投薬治療で事なきを得たが、「もう二度とあんな思いはしたくない」という。『放っておくとこわい症状大全』(ダイヤモンド社)の著者で、秋津医院院長の秋津壽男医師(総合内科専門医)が解説する。「心筋梗塞により冠動脈が詰まると、身体に痛みが生じることがあります。胸の痛みではなく、特に左半身の痛みとして脳に伝わって、左の肩や顎などが急に痛むことがあるのです」 ブラザートムさんのように身体に現われた小さな不調が、「重病のサイン」だったというケースは少なくない。秋津医師はこう言う。「私は22年ほどでのべ20万人以上の患者さんを診ていますが、一見それほどでもない症状でも、実は重病の予兆だったと感じることは多いです」 本誌は秋津医師監修のもと、身体のさまざまな部位に現われる“異変”で疑われる病気を、別掲の表に示した。「腕がマネキンみたい」 秋津医師は来院した患者の「糖尿病」を、ある小さな不調から見つけたことがあるという。「基本的には元気なのに、喉の渇きが続くという30代男性でした。数値を調べると、過去1~2か月の血糖値の平均を示すHbA1cが10%もあり、糖尿病と診断しました。糖尿病で喉の渇きが続くのは、血中に増えた糖が水分を吸収してしまうことに加え、余分な糖を排泄するために必要以上に尿が出て、脱水状態になるためです」 また、秋津医師は片方のまぶたが下がる症状も要注意、と指摘する。「急に片方のまぶたが下がって物が二重に見えるなどの症状が出たら、くも膜下出血が疑われます。脳の表面(くも膜)の下にできた動脈瘤が、まぶたを動かす神経や脳の視神経、動眼神経を圧迫していると考えられるからです。片方にだけ異常が現われるのが特徴です」 2013年に脳梗塞を患った元テレビ東京アナウンサーの大橋未歩さん(43)は、自宅で突然左手のしびれに襲われた。「異変に気が付いたのは夜11時頃。洗顔時、急に左手の感覚がなくなったので右手で触れると、まるでマネキンの腕のようでした。不思議に思いつつも顔を洗い終えると、感覚のない左手で持っていたクリームの容器を落としてしまった。 床を汚してしまったので、それを拭おうと屈んだ瞬間、ガクンとその場に倒れました。起き上がろうとしても全く身体に力が入らず、そこからの記憶は断片的です」 家族が駆けつけると、呂律が回らず、左半身が麻痺状態だったという。しかし、15分ほどで症状は治まり、すっかり元通りに。それでも2日後、念のため病院を受診すると、MRI検査で4か所に脳梗塞が見つかった。「麻痺が一度治まったところで放置せず、病院で検査して良かったと思います」と振り返る。 重病のサインは、「尿」や「便」に現われることもある。国際医療福祉大学病院内科学・予防医学センター教授の一石英一郎医師が語る。「他に症状がないのに黒い便が出ると受診した50代男性がいました。私は胃潰瘍で血液と胃酸が混じって便が黒くなったのではと考え、胃内視鏡検査をしたところ、案の定、胃壁がただれ、潰瘍が見つかりました。 患者さんによく聞いてみると、腰痛の治療で非ステロイド性抗炎症薬を服用していることが分かり、その副作用が疑われたので、薬の変更などで治療を行ないました」 また、くしゃみをした際に尿が漏れるのも、自ら「加齢のせい」と判断するのは早計だ。「糖尿病や腰の脊柱管狭窄症により、脳と膀胱を繋ぐ脊髄や末梢神経などが障害を受けると、くしゃみなどで腹圧が高くなった際に尿が漏れることがあります。尿漏れを侮ってはいけません」(同前)※週刊ポスト2022年1月14・21日号
俳優・歌手として活動するブラザートムさん(65)は、50歳だった2006年4月、心筋梗塞で緊急入院した。発症前、身体にはこんな“兆候”があったという。
「酒を飲んでもぜんっぜん酔わなくなって『変だなー』と思っていたら、急に肩がめちゃくちゃこり始めたんです。続けて歯、目、頭、顎とあちこちが痛み、鎮痛剤で誤魔化していました。
それから半年くらい経ったある日、朝まで飲んで家に帰ろうとした時、歩いていて突然動けなくなった。落とした袋を拾おうとしても、手がしびれてどうしようもない。しかも胸にまで鋭い痛みが出て、体がぎゅっと前に丸まって動けなくなっちゃったんです。5分くらい痛みとしびれで呆然として、立ち尽くしていました」
その翌日、受診した近所の病院から都内の大学病院に緊急搬送され、「心筋梗塞」の診断を受けた。2週間の入院、投薬治療で事なきを得たが、「もう二度とあんな思いはしたくない」という。
『放っておくとこわい症状大全』(ダイヤモンド社)の著者で、秋津医院院長の秋津壽男医師(総合内科専門医)が解説する。
「心筋梗塞により冠動脈が詰まると、身体に痛みが生じることがあります。胸の痛みではなく、特に左半身の痛みとして脳に伝わって、左の肩や顎などが急に痛むことがあるのです」
ブラザートムさんのように身体に現われた小さな不調が、「重病のサイン」だったというケースは少なくない。秋津医師はこう言う。
「私は22年ほどでのべ20万人以上の患者さんを診ていますが、一見それほどでもない症状でも、実は重病の予兆だったと感じることは多いです」
本誌は秋津医師監修のもと、身体のさまざまな部位に現われる“異変”で疑われる病気を、別掲の表に示した。
秋津医師は来院した患者の「糖尿病」を、ある小さな不調から見つけたことがあるという。
「基本的には元気なのに、喉の渇きが続くという30代男性でした。数値を調べると、過去1~2か月の血糖値の平均を示すHbA1cが10%もあり、糖尿病と診断しました。糖尿病で喉の渇きが続くのは、血中に増えた糖が水分を吸収してしまうことに加え、余分な糖を排泄するために必要以上に尿が出て、脱水状態になるためです」
また、秋津医師は片方のまぶたが下がる症状も要注意、と指摘する。
「急に片方のまぶたが下がって物が二重に見えるなどの症状が出たら、くも膜下出血が疑われます。脳の表面(くも膜)の下にできた動脈瘤が、まぶたを動かす神経や脳の視神経、動眼神経を圧迫していると考えられるからです。片方にだけ異常が現われるのが特徴です」
2013年に脳梗塞を患った元テレビ東京アナウンサーの大橋未歩さん(43)は、自宅で突然左手のしびれに襲われた。
「異変に気が付いたのは夜11時頃。洗顔時、急に左手の感覚がなくなったので右手で触れると、まるでマネキンの腕のようでした。不思議に思いつつも顔を洗い終えると、感覚のない左手で持っていたクリームの容器を落としてしまった。
床を汚してしまったので、それを拭おうと屈んだ瞬間、ガクンとその場に倒れました。起き上がろうとしても全く身体に力が入らず、そこからの記憶は断片的です」
家族が駆けつけると、呂律が回らず、左半身が麻痺状態だったという。しかし、15分ほどで症状は治まり、すっかり元通りに。それでも2日後、念のため病院を受診すると、MRI検査で4か所に脳梗塞が見つかった。
「麻痺が一度治まったところで放置せず、病院で検査して良かったと思います」と振り返る。
重病のサインは、「尿」や「便」に現われることもある。国際医療福祉大学病院内科学・予防医学センター教授の一石英一郎医師が語る。
「他に症状がないのに黒い便が出ると受診した50代男性がいました。私は胃潰瘍で血液と胃酸が混じって便が黒くなったのではと考え、胃内視鏡検査をしたところ、案の定、胃壁がただれ、潰瘍が見つかりました。
患者さんによく聞いてみると、腰痛の治療で非ステロイド性抗炎症薬を服用していることが分かり、その副作用が疑われたので、薬の変更などで治療を行ないました」
また、くしゃみをした際に尿が漏れるのも、自ら「加齢のせい」と判断するのは早計だ。
「糖尿病や腰の脊柱管狭窄症により、脳と膀胱を繋ぐ脊髄や末梢神経などが障害を受けると、くしゃみなどで腹圧が高くなった際に尿が漏れることがあります。尿漏れを侮ってはいけません」(同前)
※週刊ポスト2022年1月14・21日号