大学付属校の給食に異物混入相次ぐ…ブラシの破片やクリップ

佐賀大は、いずれも佐賀市の付属小と付属特別支援学校で給食の異物混入が相次ぎ、昨年12月6日から給食を停止したことを明らかにした。
再開は未定で、弁当持参などの対応をとっている。
同大によると、2020年6月~21年12月、両校では計10回の異物混入を確認。異物はクリップやブラシの破片などで、いずれも食べる前に気づいて健康被害は確認されていないという。同大は「食の安全を守れない」と判断し、両校の全約750食分の停止を決めた。
両校は付属小の給食室で調理した料理や、大学生協を通じて調達したパン・ご飯を提供していたが、今後は民間の業者に委託する方針。