山形新幹線にはねられ男性死亡 自殺か、乗客けがなし

10日午前8時20分ごろ、山形県米沢市東大通2丁目のJR奥羽線踏切で、東京発新庄行き山形新幹線下りつばさ121号が、市内の70代男性をはねた。米沢署によると、男性は病院に搬送されたが、死亡が確認された。新幹線は現場に一時停車、乗客約35人にけがはなかった。
運転士は、男性が遮断機の下りた踏切内に入ってきたため、ブレーキをかけたが間に合わなかったと話している。近くで男性のものとみられる軽乗用車が見つかった。米沢署は自殺の可能性が高いとみて調べる。
JR東日本山形支店によると、つばさ121号は約1時間20分後に運転を再開、山形―新庄間で区間運休した。