同棲中の男性の腹を刺したか 19歳少女「彼から逃げたかった」

東京・江戸川区で19歳の少女が同棲相手とみられる男性を刃物で刺したとして、殺人未遂の疑いで現行犯逮捕されました。男性はその後、死亡しました。
警視庁によりますと、9日午後3時半ごろ、江戸川区篠崎町のアパートで「彼女に刺されました」と住人の男性から110番通報がありました。
警察などが駆け付けると、男性は腹を刺され近くの駐車場でうずくまっていて、病院に搬送されましたが、およそ7時間後に死亡しました。
亡くなったのはこの部屋に住む佐藤優作さん(25)で、死因は出血性ショックとみられています。
警視庁は佐藤さんの部屋にいた交際相手の19歳の少女を殺人未遂の疑いで現行犯逮捕しました。