“日本刀”のようなもので…妻の背中を切り付けか

山口県下松市の住宅で、妻の背中を日本刀のようなもので切り付け殺害しようとした疑いで69歳の夫が逮捕されました。
殺人未遂の疑いで逮捕されたのは宮田明典容疑者です。
警察によりますと、宮田容疑者は10日夜、下松市の自宅で67歳の妻の背中を日本刀のようなもので切り付け殺害しようとした疑いが持たれています。
宮田容疑者は自ら119番通報し、救急隊が到着した時には妻は意識がもうろうとした状態で血を流して倒れていたということです。詳しい容体は分かっていません。
宮田容疑者は警察の調べに対し「殺すつもりはなかった」と容疑を一部否認しています。