採用面接で飛行機に乗ったとうそか 15万円詐取した疑いで逮捕

採用面接のために飛行機に搭乗したなどとうそをつき、現金約15万円をだまし取ったとして、福岡県警は10日、広島県福山市東深津町6丁目の笹原光洋容疑者(50)を詐欺容疑で逮捕し、発表した。
「現金はもらったけど、だますつもりはなかった」と否認している。
筑後署によると、笹原容疑者は福岡県大川市の電気機械器具製造会社の面接を受けるため、昨年2月22日ごろに同市のファミリーレストランを訪れて面接を受けた際、偽物の領収書を出して交通費を請求し、飛行機代として現金15万4260円をだまし取った疑いがある。
署によると、笹原容疑者はその後も同じ会社の面接を2回受け、その場で交通費を受け取っていたという。会社は採用に前向きだったが、笹原容疑者が「今の仕事を急には辞められない」という趣旨の連絡をしてから音信不通になり、不審に思った同社社長の男性(51)が8月に署へ相談した。(古畑航希)