ウーバー配達員、異例の起訴 自転車事故で業過致死罪

東京地検は13日、食事宅配サービス「ウーバーイーツ」の配達中に、自転車で78歳の男性に衝突し死亡させたとして、業務上過失致死罪で会社員の岩野純也氏(28)=東京都北区=を在宅起訴したと明らかにした。地検によると、自転車による事故での同罪の適用は異例。起訴は2021年12月8日付。
起訴状によると、岩野被告は21年4月17日夜、食品配達のため東京都板橋区を自転車で時速20~25キロで走行。丁字路に差し掛かった際、自転車に前照灯がなく、雨で周囲が見えにくい状態だったのに減速や安全確認をせず、横断中の男性に衝突して転倒させ、頭を強く打って死亡させたとしている。