NHK改めて謝罪し捏造否定「やらせ事案ではない」字幕一部に不確かな内容

NHK大阪放送局の角英夫局長が13日、同局で定例会見を行い、昨年12月に放送されたBS1スペシャル「河瀬直美が見つめた東京五輪」後編の字幕の一部に不確かな内容があったことについて、改めて謝罪し、捏造(ねつぞう)を否定した。
角局長は「映画制作関係者のみなさま、何よりも視聴者のみなさまに対して深くおわびいたします」と深々と頭を下げた。
番組は東京五輪の公式記録映画の監督を務める河瀬直美さん(52)に密着取材し、ある男性が五輪反対デモに金をもらい動員されたと裏付けのないまま不適切な字幕を付けていた。同局は9日、男性が五輪反対デモに参加した事実を確認していなかったと発表、おわびしていた。角局長は「制作段階でチェック機能が働かなかったのは大きな問題。再発防止に取り組んでいきたい」とした。
捏造(ねつぞう)については「捏造(ねつぞう)ではないという認識に変わりはない。意図的に故意に架空の内容を作り上げたという事実はない。捏造(ねつぞう)、いわゆるやらせといった事案ではない」とした。