コロナ禍で増加「加湿器肺炎」に注意 会話できないほど苦しい…症状と正しい手入れ方法を解説

加湿器内でカビが発生し、肺にアレルギー反応今シーズン、加湿器が原因とみられる肺炎、いわゆる「加湿器肺炎」と診断された男性。会社員男性(27):発熱して息苦しさがだんだん悪化して、病院に行きまして。加湿器が原因だということで、会話が出来ないくらい苦しかったですね呼吸器系の医師は、次のように話す。横浜鶴見リハビリテ―ション病院・吉田勝明院長:コロナ禍のため自宅にいる時間が長い。(加湿器肺炎は)増えているかと思います。

冬場に肺炎にかかる人のうち、加湿器が原因だとみられるケースが増えているという。乾燥した日が続くこの時期、利用する機会が増える加湿器。女性:コロナとか、赤ちゃんがいるので、付けっぱなしで使っている加湿器肺炎のメカニズムについて、横浜鶴見リハビリテーション病院の吉田院長によると、加湿器の中でカビなどが発生し、空気中に放出されたものを吸い込むことで、肺にアレルギー反応が引き起こされるという。せきや喉の痛み…発熱や頭痛もさらに加湿器肺炎の特徴については…。横浜鶴見リハビリテ―ション病院・吉田勝明院長:コンコンコンという甲高いせき、たんがあまり混ざらないせきが特徴症状としては、せきや喉の痛み、発熱や頭痛、関節痛などのほか、食欲減退や体力の低下などが挙げられるという。水は毎日交換 タンク掃除を!加湿器肺炎については、さまざまなタイプの加湿器を製造するメーカーも注意喚起している。アイリスアーヤマ 広報室・岡真央さん:加湿器は雑菌が繁殖しやすいので、正しく手入れをして使ってもらう必要があります。水は毎日交換してください超音波式・気化式・加熱式(スチーム式)・ハイブリッド式などのタイプを問わず共通するのは、タンクの水を毎日交換すること。その際、タンク内の水はすべて廃棄。その後、少量の水を入れて振り洗いを実施。中の水を再び捨てた後、タンクを満水にすると良いという。毎日の手入れを怠らず、正しく使って健康に注意したい。(「めざましテレビ」1月14日放送分より)
今シーズン、加湿器が原因とみられる肺炎、いわゆる「加湿器肺炎」と診断された男性。
会社員男性(27):発熱して息苦しさがだんだん悪化して、病院に行きまして。加湿器が原因だということで、会話が出来ないくらい苦しかったですね
呼吸器系の医師は、次のように話す。
横浜鶴見リハビリテ―ション病院・吉田勝明院長:コロナ禍のため自宅にいる時間が長い。(加湿器肺炎は)増えているかと思います。
冬場に肺炎にかかる人のうち、加湿器が原因だとみられるケースが増えているという。
乾燥した日が続くこの時期、利用する機会が増える加湿器。
女性:コロナとか、赤ちゃんがいるので、付けっぱなしで使っている
加湿器肺炎のメカニズムについて、横浜鶴見リハビリテーション病院の吉田院長によると、加湿器の中でカビなどが発生し、空気中に放出されたものを吸い込むことで、肺にアレルギー反応が引き起こされるという。
さらに加湿器肺炎の特徴については…。
横浜鶴見リハビリテ―ション病院・吉田勝明院長:コンコンコンという甲高いせき、たんがあまり混ざらないせきが特徴
症状としては、せきや喉の痛み、発熱や頭痛、関節痛などのほか、食欲減退や体力の低下などが挙げられるという。
加湿器肺炎については、さまざまなタイプの加湿器を製造するメーカーも注意喚起している。
超音波式・気化式・加熱式(スチーム式)・ハイブリッド式などのタイプを問わず共通するのは、タンクの水を毎日交換すること。その際、タンク内の水はすべて廃棄。
その後、少量の水を入れて振り洗いを実施。
中の水を再び捨てた後、タンクを満水にすると良いという。
毎日の手入れを怠らず、正しく使って健康に注意したい。
(「めざましテレビ」1月14日放送分より)